伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
隣人たち2
ベッドが。。日干しされてました。。。

使わなくなってので、地下の共同倉庫に置いておいたベッドが庭に日干しされてました。。

うちの真下に住むエジプト&イタリアンカップルが勝手に使っていたようです。天気が良いので干しちゃおっ。となったらしいです。この日は週末で相方も居たので、ベッドが日干しされている異常事態を相方の悲鳴で知った次第デス。

家賃払わないわ、素行は悪いわで退去勧告を受けながらも、素知らぬ顔で暮らしているこの夫婦。でも最近は、居たりいなかったりです。どうやら生活が立ち行かなくなり、どちらかの両親の家に居候しているらしいです。

彼らは働きません。一時期、奥さんが派遣の短期で働いていましたが、途中で解雇されてましたです。エジプト人のダンナさんは、一度だけ働いたことがあります。スイスの農場で草むしりの仕事をしたそうですが(私がバイトでやりたいところですが。。)、それっきり、働いたというのは聞いたことありません。

いつだったか、いつにも増しての大喧嘩をしていましたです。どうやらダンナさんが奥さんの財布から、ちょっとシッケイしたらしいです。ダンナさんはもちろん、「お、お前、オレを疑ってるのか?信じてないのかっ!!」に、「アンタしかいないでしょっ!!」と怒り狂っておりました。

奥さ--ん、当たりデス。犯人はダンナさんですよ~

だって、昼間に車の中でニタニタしながらお札を数えてましたよ~。と、コッソリ密告しそうになりましたが、これ以上ややこしくなってもイカンので、控えときました。この夫婦、どこからお金が湧いてくるのかはナゾですが、結構な浪費家であります。この前は車3台が庭にとめてありました。って、ナンバーのない車もあったので、相方が「とうとう。。ハ、ハンザイニ。。」などと言うてましたが。。どうでしょね。

彼らの家には電話がないので、たまにうちに彼ら宛ての電話がかかってきます。一度は「どんな生活してる?」とか身元調査みたいなのもありましたね。以前、伝言を頼まれて彼らの玄関ドアにメモを貼っておいたら、夫婦でうちまでやって来て、「どんな声だった?年はいくつぐらい?」などなど詰問されてからは、一切の彼ら宛ての電話受付は断ってマス。と、請求書の山が届くのが嫌なのか、ポストもとり外してました。。なもんで、彼らはこのアパートにいるかいないか分からないことになっているようです。とにもかくにも謎な生活を送る家族なんであります。

ということで、このアパートの部屋は無料(家賃踏み倒し)で隠れ家として(?)使用している模様デス。

20代半ばで子供もいるこの夫婦の動向が皆で気になっているところですが、どうですかね。

うちの相方がエジプト人のダンナさんと話しをしたときに彼が言っていた働かない理由は、「外国人の自分じゃ、いい職になんか就けないから働いてもムダなんだよね」というものだったそうです。でもさ、働き始めなきゃ、何も始まらないじゃん。とは周囲の一致した意見です。だから農場の草刈りの仕事を始めたときは皆が、「よかったね。働き始めることが肝心だよね」と言いあっていたのですが、それきりになっているようです。。

ところで、うちの日干しされてたベッドですが。。奪還すべく、ふたりで鼻息荒く庭へおりて行くと、幸いにも(?)階下の夫婦は不在だったので、クソ重いベッドを相方とヒーコラ言いながら地下倉庫へ持って行き、すべてに名前を記して週末の午前中は過ぎてしまいました。その日の午後、この夫婦と顔を合わせたとき、「チャ~オ~」と何事もなかったように挨拶されましたですよ。。私と相方の顔はヒキツッテいたと思いますが。。。多分、見つかったら見つかった。なくなったらなくなった。別にどうでもいいよ。だって、人のモノだしさ~。ぐらいに思ってるんでしょかね。。とほほ。。

このアパートは、「普通だったらさ、そういうことしないでしょ」という゛普通゛という概念のない住民ばかりなのが大変なとこなんですよね。。゛普通゛って一体なんなんでしょね。もしかして、私たちも普通ではないのかしらん。。あぁ、頭がコンガラガル~

やっぱり早く引越したいデス。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-02-27 17:55 | 隣人と不動産
よりよい暮らしとは?
語学学校に行ったら、その日は私とルーマニア、チリ人女性の3人しか生徒がいませんでしたです。

これは絶好の機会だと思ったのか、ルーマニア女性がいかに自分は母国で苦労して、イタリアへきてまた苦労してるかというのを語り始めました。彼女は老人介護をしているのですが、どんなにこの人が我儘か、自分がどんなにフコウかを涙とともに語る。というより愚痴っておりましたです。

げんなり。。

スイマセンです。彼女の境遇は分かりますが、ほんとにゲンナリしてしまいました。。なもんで、聞いてみました。「イタリアへは、何を求めてやって来たの?」。答えは「より良い生活

まぁ、そりゃそうだろな。

質問を変えてみました。「あなたにとってのより良い生活とは何?」。考えてましたね。着るものがあって、食べるものに苦労しないこと。なんだそうです。

それも、そうだろな。

ルーマニアでは食うにも困るだったわけ?」と聞くと、ルーマニアは庶民の月給と物価に随分な格差があるそうです。貧富の格差もかなりある。とのことですね。って、こういう国は多かれ少なかれそうでしょね。でも、彼女は全くやって行けなかったわけではなかったようです。

じゃさ、イタリアへ来てから、あんさんが言うところのより良い暮らしができてるの?」と聞くと、考えてましたです。で、「貧しい国の人たちが一家総出で。。例えば。。イタリアへやってくるけど、その国の言葉も話せない。イタリアで働いて一家を養って行ける職能もない。っていうと、行った先の国は自国よりも経済は豊かかもしれないけど、その恩恵に与かるのは難しいんじゃないの?国を出てくるとき、そこまでは見通してないの?」と聞いてみましたです。

チリ&ルーマニア、むっとしてましたです。

そりゃ、そうだろな。

あんたは金持ちの国だから、そう言えるのよ。私たちは国でやって行けないから、逃げ出してくるのよ」とチリ人。

例えば、戦争や内戦状態にある国の国民が身の危険を感じて国を逃げる。というのは別にして、このふたりの話しを聞くと最低限の生活はどうにか自国でできていたようです。私の友人どもで、途上国で働いていた&いる話しを聞くと、逃げ出したくなる気も分かります。そして、よりより生活を求めに海外へ行く気持ちも分かります。

いやさ、逃げ出してくる気持ちは分かるよ。私が聞きたいのは、例えば、ひとりのイタリア人の平均月給だけで家族を4人も5人も養って行くのは難しいって言うのはよく聞くよね。だから共働きは当たり前でしょ。イタリアでイタリア人自体が゛職難゛でもあることは、分かるよね。それが、言葉も話せない、職能もない外国人が一家を支えて行けるだけの職を得るのは、かな~り難しいと思うわけ。でもさ、大抵は自分の国を出てくる前に分かることでしょ(ここで、ふたりは頷いとりましたね)。そんな状況を知っていたとしても彼らはやって来る。よりよい生活を求めて。だから知りたいのよ。よりよい生活とは何か。その国でやって行けると見込める見込みとはなにか?そして、移住した先でよりよい生活を手に入れられたのか?

゛希望゛よ。とか答えられちゃうのかナとも考えましたが、彼らは答えられませんでしたです。

以前にも、フィリッピン女性が延々と自国の窮状を語っていました。そして、「大学や専門学校を出ても職があるかどうか分からない。それなのに、大枚はたいて学校に行く意味はあるの?」と力説してたので、「あのさ、日本でもイタリアでも北欧諸国でも、アメリカでも、学校出たからって必ずしも希望の職に就けるとは限らないよ。でもさ、だからって理由で学校に行かないってんじゃなくて、少ない確率でも行くんだよ。だって、行かなかったら、その職に就ける確率はゼロでしょ」と言うと、北欧&イタリア人は「そうよ」と言い、フィリッピン人は黙ってましたです。

以前に、初対面の40代女性のアゼルバイジャン人に、「ねぇ、アンタ働いてる?給料どれくらい?職紹介してよ?」と聞かれたので、「何ができるの?」と聞くと、「なんでもする」と言われました。

そして授業の後では、チリ人が追いかけてきて、「職、なにかあったら紹介して。なんでもやるから」と聞かれました。彼女はまだ20歳なので経験もなく、どこも雇ってくれないそうです。「学校へ行きなよ。お金のかからない講座もあるしさ。大学を卒業するなり、専門学校で職能を身につけるなりしたら、生きて行く上での選択肢が増えるよ」と言うと頷いてました。彼女には、イタリアの大学一覧本をあげる約束をし、「まぁ、裕福なイタリア男性と結婚して優雅に暮らすって手もありかもね~」とふたりで笑い、別れました。私には、働き口を紹介してあげられるコネも情報もないです。なもんで、私にできるのはこんなことぐらいですね。

途上国で教師をしていた友人が帰国した際に会ったとき、「もうさ、少しでも助けてあげようと手を差し伸べるでしょ。そうすると、あっちこっちから、助けてくれ~、助けてくれ~ってさ。際限ないのよ。骨までしゃぶられるって感じだった」と語っていました。自分ができる範囲内で人を助けるのはOKですが、やはりできる範囲ってもんがあります。でもって、よりよい生活や人生のために努力していないで、口を開けて待っているだけの人には、やっぱり手をかしたくない心理が私にはあります(聖職者じゃなくて、一般のフツーの姉ちゃんの私が言う、心の狭い発言をお許しくだされ)。

日本も物質的に貧しい時代がありましたよね。でも、世界に裕福な国のひとつだと認められるまでになった。しかしいつまでたっても貧しさから抜け出せない国も存在する。なぜなんでしょかね。今の私には分かりませんですね。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-02-23 20:43 | ひと
隣人たち1
オソロシイ事実が判明しました。

うちのアパートで、家賃をちゃんと払っているのは、うちだけらしいデス。。

階下のエジプト&イタリアン夫婦が、すでに家賃滞納と素行の悪さから退去勧告を受けているのは知っていましたが、階下のおばちゃん親子もそうらしいのです。この親子、かな~りの曲者であります。「絶対、オカシイしぃしぃ--!!」と相方に訴え続けて早数ヶ月。先日、ひょんなとこから、この親子の過去の素行というか素性が分かったのであります。

家賃滞納でドーシヨーモナクなって、役場が介入。追い出しくらった過去ありなんだそうです。でもって、他にもいろいろあるとのこと。「あの親子をアパートに入れるな」って忠告したのにな。とはこの話しをしてくれたおっちゃま談であります。個人的には、過去が多少どうであれ、現在が他人に迷惑かけず静かに暮らしてくれてるのなら問題ナシですが、他人に迷惑しかかけないこの親子さんには、さすがに私もご立腹しとるのでありますね。

深夜近くに帰宅したとき、おばぁちゃまに待ち伏せされたのには、あまりのオッソロシサに震えてしまいましたデス。どうやら何時間も私を待っていたらしいのですね。言いたかったことは、「電気、消してケ」。廊下の電気を消し忘れたのは私ではないので、「私じゃありません。。」と答えるも、「電気、消してケ、電気、ケシテケ。。デンキケシテケ」と何度も暗闇の中で繰り返されたのには、参りました。。

ホラーです。。

大家婦人も知り合いのお葬式に行くときに、アパートの角で、お悔やみ状を手にしたこのおばあちゃまに待ち伏せられて、ビビッタと話していたので、被害者はまだいると思われマス。

そうそう、廊下の電気を使われるのが相当に嫌だったのか、その後、廊下の電球を取り外してました。。って、ここ共有部分なんですけど。。なもんで、深夜に「真っ暗で何も見えないからロウソク貸して」なんて人が我が家へロウソク借りにきたこともありましたです。。

この他にも、書ききれないほど色々ありまして。。。

と、もうすぐ春ですね。春になると、庭に大家が皆で使うようにと小さなテーブルとイスを出してくれるのですが、この親子、自分たちが使わないときには、イスを持って行ってしまいます。って、私物じゃないんですけどーー!!なんて叫びが届こうはずもなく、天気の良い日には、朝の8、9時頃~夜の10時くらいまで、そこで座りっぱなし。。位置が悪いことに、ここから我が家の居間がよく見えるのですよ。なもんで、よく見られてマス。。朝から晩まで。。

全くもって、ホラーです。。

そんなこんなで引越ししたいと鼻息荒くなっているのですが、なんともかんとも相方が忙しすぎて動けず。。くぅ。。(涙)。友人や知り合いに住まいのことを話すと、「や、やべぇ。引越しなよ」と皆が同意見なのですが、カナシイことに、まだまだ引越しは先になりそうデス。。でも、暫くはそんな濃ゆ~い環境をちょこっとづつ綴って行くのも、あとで「あぁ、そんなこともあったなぁ」と思えて、これもまた一興と思い記してみてマス。

あぁ、でも早く引越したいなぁ。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-02-20 21:20 | 隣人と不動産
見てますか?
始まってますね。トリノオリンピック。

私の周囲でこの話題をする人、ゼロデス。
昨日も友人たちとバール(イタリアのお茶処ですな)へ行ったとき、五輪情報が掲載されている新聞を読んでいたら、「ちょっとぉ、オリンピックニュースなんて見てるの?」とか言われてしまいました。。見てないわけ?と問いかけたら、その場にいた全員が、「見ないわよ」と口を揃えて言っとりました。。というわけで、私の狭~いお付き合いの範囲内では。。

全く、盛り上がってないデス。


私もつい先日まで、オリンピックがいつ始まるのかも知らなかったんですよね。。日本の友人や家族からのメールで知った次第デス。とほほ。。昨年だったかな。在留邦人のためにオリンピックチケットの前売りが売り出されるというのを聞いたときに、「あっ、やんのね」と思った記憶はあれど。。。でありました。

でも開会式で日本選手団を見たときには、久々に見た日本人にちょっとカンドーしてしまいましたです。見ればみたで結構楽しく見れるんですが、こちらのテレビって日本ほど゛ミセル゛つくりになってないのと、じっくり見せてくれないんで、テレビつけながら用事している間に見所を逃してしまうのですよね。。

日本のワイドショーなんかのつくり方を見ていると、思わず見ちゃうつくりになっている気がします。ワイドショーはゲセワな部分もありますけど、またそこが思わず見てしまう要素にもなってたりして。。見終わった後に、「ちっ、無駄な時間を過ごしちまった。。」と後悔するも、見てしまう自分。。多分、今回のオリンピックもワイドショーぽく、選手の家族や背景、苦労話なんかもとりまぜつつ紹介されているんじゃないでしょかね。なんというか、期間限定感動ストーリー風って感じなのかしらん。

こちらはですね、私が見た限りだと゛まま゛デス。ワイドショー風なテクは感じられませんデス。そして(私の見ているチャンネルだと)同時に複数の競技中継をしてるので、ゆっくりひとつの競技が見れません。。でもって、当たり前ですがイタリア人選手の扱いが他に比べると大きいので、日本人選手中心に見たい私にはめちゃくちゃストレスが溜まるんだすね。「おっ、○×の競技が始まりますね!」となると、そっちの映像に変わっちゃったり。。。

ちょ、ちょっと待テ---!!とテレビ前で叫んどりマス。

我が家のあるアパートは、テレビがまだ無かった時代に建てられた建物なので、テレビのアンテナは個人で作製しなけりゃならないんであります。なもんで、それぞれが個性的なアンテナをつくってますね。階下の家は、洗濯の物干しを利用したと思われるアンテナだし。。うちはまぁ、見られるシロモノですが、製作者の相方、私が日本のテレビを見たいだろうとガンバッテくれたのはいいのですが、結果、日本まではやはり遠く、受信は無理でありました。でも近隣諸国、果てはアラブニュースまでは受信可能になったのであります。

しかしですね、今度はチャンネル数が増え過ぎてしまい、見たいチャンネルを探すのに一苦労。となってしまったんですよ。。とほほ。。もう、とにかく見つけるのが大変で、目当ての番組が見つからないとイライラが募るの繰り返し。そんなこんなで、最近はテレビを見ない生活になってたところにオリンピック。友人からは、「見てる?」なんてメールがリアルタイムで入ってくるも、お目当ての競技をゆっくりじっくり見れるチャンネル探しに疲れては、「見れなかったし~~」と涙の返信をしている日々です(涙)

異国にいても日本人だな~と感じられる一大イベント。イタリアで心置きなく日本人選手の競技を見られるチャンネルってないんですかね。。

おっ、そうだ! NHKの海外向け、放送番組があるではありませんかっ。って、無料視聴は限定なんですよね。そろそろNHK朝のニュースが始まるころです。見てみようかしらん。。

※海外にいても、日本の番組をそっくりそのまま見れる装置があるんですが、高いんだなぁ。。。他には、GYAOなんてのもありますよね。って、ネット環境の悪いうちの地域では無理なんですが。。(涙)
[PR]
by zefiro04 | 2006-02-15 08:10 | ほんの日常
日本語のできない日本人
欧州某国に嫁いだ友人から電話がありました。今は子育てに追われ、忙しい毎日なんだそうです。話しの流れから、「日本語教えてるの?」と聞くと、「えっ、教えてないよ。やっぱ、教えた方がいいのかなぁ」と言うので、「日本語できなかったら、両親や親戚と話しできないじゃん」と答えときましたです。

やはり両親のどちらかが日本人であれば、日本語を教えてナンボ。と固く信じる頑固者の私デス。でも世の中は必ずしもそうではないらしく、両親が日本人であっても日本語なんかイラナイなんて場合もあるようです。

以前、ご夫婦共々日本人のイタリアに住む女性と話しをしたことがあります。彼女のお子さんの話しになり、そんな流れから「日本人学校に通ってるんですか?」と聞くと、「あぁ、うちは日本語なんかできなくていいから通わせてないです。むしろイタリア語の方をできるようになって欲しいし」と言うてました。

・びっくり

なんでも、日本人社会が大嫌いなんだそうです。でもそういう彼女は、友達も日本人、ダンナさんも日本人。。なんだけどなぁ。。色々あったんですかね。。

随分前に、『天才たけしの元気がでるテレビ』ってのがありましたよね。そこのある企画で、両親が日本人と(確か)英国人で、日本に住むハーフの男の子のお悩み解決というのがありました。彼の悩みは、父親が英国人なのに、英語が話せない。というものでしたです。外見も欧州人なのに、日本語しかできず、日々『百万人の英語』を聴いたりして涙ぐましい努力をしているのだが。。さっぱり。。なんだそうです。番組側は、まずどのくらいできないのかを見てみよう。と英語圏の同年代のグループを見つけ、話しかけさせるのですが、「ハ、ハロ・・;」と話しかけるも後が続かず。。「なに?英語で話せよ」とツッこまれるも言いかえす言葉みつからずで退散。ってな流れだったと思います。

もしかして、人って自分のルーツを知りたいという欲求が生まれたときからすでにインプットされてるんじゃないですかね。そして言葉というのは、ルーツと深く結びついてる。もちろんアイデンティティとも。

語学のクラスで作文を書かされたときに、上記の日本人ご夫婦との出会いと母国語のことについて書いてみたのですが、教師は私が何を書いてるかイマイチ分からなかったようです(私の伊語力のなさもありますが。。)。口頭で、日本人だけど日本語はイラナイと考えてる人もいる。と言うも、やっぱりピンと来なかったようです。そこで、アイデンティティと母国語というのは、私はイコールと考えるがそうは考えない人もいる。ということを書きたかったんスよ。と言うと、ポカンとしてましたですね。で、「えっ、そんなん当たり前じゃない」。「。。。」。どうやら当たり前すぎて今更そんなことを作文に書くことがピンと来なかったらしいデス(って、語学力のなさもありますが。。あっ、シツコイ?)

日本語のできない日本人。。う~ム、考えちゃうなぁ。
[PR]
by zefiro04 | 2006-02-10 19:44 | ことば
選挙、行ってます?
週末に相方の実家へ帰って、皆でテレビを見ていたら、たまたま政治ニュースが放映されていたので、聞いてみました。「誰に投票するの?」と。

イタリアでは春に大統領選があるので、あちこちで選挙ポスターが見られます。昨日、ミラノの中央駅を使ったときも、現大統領のベルルスコーニ氏のドデカイポスターがドカンドカンと飾ってありましたです。あっ、一部破られてましたけど。。

イタリアは意外にも(?)投票率が高いそうな。なもんで、政治談議も盛んだったりします。相方一家はパパさん、お義母さま、相方と支持する政党が違うのですね。なもんで、先日はスゴイことになってましたです。。

相方とお義母さまが、お互いが支持する政党を「どこがダメか」をヤジリ合い。あまりの白熱ぶりに、相方の「やっぱり、政治の話しをするのは良くないかもね」の一言に、「そうね、やめましょう。アハハ」とお義母さま。なんて休戦状態が2、3分で、また野次りあっておりました。。とほほ。。

何が驚いたって、お義母さま、ただのそんじょそこらのオバチャマであります。そんなお義母さまが、まぁよく知ってるわいな。ってことでありました。どこの政党は何をして、どういう政策を掲げていて今までの成果から考えると、ここまで出来るんじゃないか。だからここに投票する。とかとか。。それを相方は、こうこうこういうことがあって、それができても、シワ寄せがこういうところに来ていて云々。それに対し、「お前は分かってない!」となるわけです。

人を見掛けで判断するならば(ス、スイマセン。。)、絶対に選挙なんか行きそもないな。なんて(勝手な)印象の人が当たり前に行っていたりします。先日も、モード系のオシャレだけが命みたいなお兄ちゃんが選挙の話しをしているのを見掛けましたです。といっても、やっぱり若者が選挙に行かなくなってる。なんて話しもあるようですけどね。

ちなみに私は選挙に行ったことがありません。非難ゴーゴーでなんて言われるかも分かっているのですが、やっぱり行く気になれず、行ったことありませんです。。行かない理由としてはあるんですけど、上手く説明できません。

以前、故ナンシー関がある学者さんと対談したときに、選挙に行かない理由を述べてました。その理由に近いです。ここにその理由を書きたいんですが、上手く書けないんだなぁ。余談ですが彼女のエッセイはムチャクチャ面白かったです。亡くなってしまったことが惜しまれますね。合掌。

そうそう、相方が選挙の時期に日本に遊びに来たことがあります。名前を連呼したり着ぐるみきて有権者と握手したり、という街中で行われている日本の選挙活動を目にして驚いていました。講演会なんてのもあったりするようですが、外国人はそんなん知らないし、簡単に目に入る光景だけをみたら、ちょっと奇異に映るのかもしれませんね。そのときの相方の感想は、「バカ?」でありました。。とほほ。。

相方&お義母さまの論争が終わりに近づくころ、お義母さまに「アンタはどこに投票するの?」と聞かれました。「彼女は外国人だから投票権はないんだよ」と相方。私は、「もし私に投票権があったら、お義母さまと同じ政党に投票しまッス!」と嫁的発言にとどめておきました。それから相方、「やっぱりさ、こっちにいても君は日本人なんだから、海外にいても投票できるかどうか聞いて、投票しなきゃダメだよ」と諭されてしまいましたです。。

さて、どうするかね。。

※海外の邦人も投票ができる「在外選挙制度」というのがあります。北イタリアだったらミラノの総領事館で手続きできますね。私も手続きの途中まではしてみてマス。これ、在外選挙人証というのを取得する必要があったりと、ちとメンドウではありますが、可能です。詳細は外務省&総務省のホームページで分かるようです。
[PR]
by zefiro04 | 2006-02-06 21:24 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング