伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
不動産屋の営業さん
相変わらず家探しは続いとります。

行き違いで見れなかったこともありましたが、順調に物件を見れとりますね。

それにしても、不動産屋の営業さんは色々な人がいますね。服装なんかバッラバラです。業界標準服なんてものは、存在してないみたいです。今までにスーツだった人は、ひとりだけ。スーツに必殺イタリアンサングラスをギラつかせながら現れましたです。

うっわ~、イタリア人だよ。

やや、感動。

その他は、日本の常識からすると堅気のサラリ-マンには全く見えない服装でやって来るので、やや驚き。

夏だからでしょうか、女性は露出度高~い服装の人もおりました。そして、肩の後には牡丹らしき刺青してましたです。昨日のお兄ちゃんは、日焼けした肌にピチピチのシャツ。胸には手錠をあしらったデザインのネックレスに手錠形の腕輪。外見から単純に判断すると、道端でよくお姉ちゃんに声かけてるお兄ちゃん風です。って、そのものでした。。。その前の営業の人は、20代シブヤ系兄ちゃん。ピンクのポロシャツの襟を立て、ジ-ンズはズリ下がってました。で、デカデカサングラス。首には刺青。他には、ポロシャツにアイロン掛けてないシワッとしたズボンの30代の兄ちゃんに、パナマあたりでのんびりしてそうな、白髪、チノパン、省エネシャツ(な、懐かしい~)の金持ち風貌な50代などなど。。

日本で不動産まわりしたことはないんですが、どんなに暑くてもスーツで汗ふきふき営業してるイメージがあるんですがどうでしょ。そうそう、皆さん服装で温度調節が上手く行っているのか、ハンカチで汗拭いてる人も今のところ皆無です。

で、営業っぷりはというとですね、中々どうして、ビシッとしてます。相方が建築関係の友達から仕入れて来た専門的な質問なんかにも、ビシバシと答えてますね。そして分からないとこは、分からないから。とすぐに持ち主と話して、営業の人、もしくは持ち主が直接説明をしてくれますです。

あぁ、服装なんて関係ないのね。

と、改めて思う次第です。要は仕事できりゃイイって感じ。

そして、他に「あら?」と思うことに、全員が名刺を物件が見終わって、別れ際に渡すんですよね。でもって、会社名の入った個人名の名刺を渡されたのは、3人だけ。あとは、会社名だけの名刺。そういや、シブヤ系兄ちゃんのは、会社名だけの名刺に手書きで「MATTEO」と書かれてあったなぁ(笑)。なんか、源氏名みたいだなぁ。なぁんて不思議に思っちゃいましたです。って、イタリアにゃMATTEOくんなんて、ゴマンといます。事務所に自分だけだとしても、なんで苗字も一緒に書かないんでしょうね。。不思議。。

ちなみに、うちの相方は私の実家の家紋をあしらった名刺を勝手に作って(というか、私に作らせて)マス。自分の家紋が欲しかったそうデス。「そんなんで良いノ?」と思うんですけど、仕事関係の人にも渡してるみたいです。。

イタリア人にとって、名刺や働くときの服装ってどうなんでしょうね。銀行に勤める友は、毎日スーツだと言うてましたね。当たり前だけど職種にもよるんでしょうけど、日本よりも服装の自由のハバが一般的に広い気がします。名刺も、日本だったら重要なビジネスツールだと思うんですけど、不動産屋さんの名刺感覚を見てると、「連絡先、分かりゃいいよねん」って印象アリっす。それプラスってあんまり感じてない様子。

そんなもんなんですかね。

そういや、名刺入れから名刺出した人も皆無。財布からか、ズポンのポケットから持ち歩いている名刺をゴソッと出して、その中から、「ハイ、どうぞ」って感じで一枚抜いて渡されたりしてます。

でもこれだけ服装バッラバラで名刺に気ぃ入っていない様を見てると、゛個性゛を感じますわ。なもんだから、「今度はどんな営業さんかしらんね~♪」とちょっと密かに楽しみだったりもしますね。

さてと、今日は2軒見てきます。
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-28 17:44 | 隣人と不動産
隣人たち7
階下の気狂い母娘、ただいま他所にてバカンス中で、居ません。

゛平和゛とか、゛平安゛とかとかを感じマス。心穏やかでありますね。この母娘、毎日が日曜日なんだから何も今更バカンスもなかろう。とも思うのですが、やっぱりイタリア人、バカンスはバカンスとして、移動せねばならぬらしいです。出発前に、庭で母と娘が大喧嘩してるとこから、どうやら他の家族の家に厄介になりに行くらしいです。

子供にみやげなんかいらないわよっ!!

と庭で娘が母へむかい怒鳴り散らしとりましたです。

さびしい、っすよね。。

ちょっとしたみやげぐらい買っててやんなさいな。って感じですが、元来のケチに加え、かなり困窮してるのでは?と思われます。

実は最近、ドビ--ン。と来るようなことがまたありました。私はこの母娘、家賃を全く払ってないと思ってたのですが、少~しだけ払っていたようです。なんでも、一ヶ月50ユーロだけ。これ、ミラノでホテルに一泊宿泊しようとすると最低60ユーロ、ユースホステルでも一泊25ユーロぐらいが相場ですから、一ヶ月の家賃にしたら破格です。って、もちろん、大家が提示した金額ではありませんですね。この母娘が勝手に決めた金額なそうな。。で、大家が当然のことながら文句を言うたら、家賃を全額払わないのは、ウチのせいなんだそうな。。。

ドビ---ン

まぁ、それを大家は我が家へ言いに来たわけです。で、この母娘の言い分は、うちのせいで家賃を払わない。うちが母娘の家賃を肩代わりするか、母娘の電気代をうちが払え。ということだそう。

な、んで?

一階のこの母娘の家の電気メ-ターと、一階の廊下の電気(一個)のメ-ターが一緒になってるんですね。で、うちがこの廊下の電気を毎夜つけっぱなしにして行くために、電気代が跳ね上がったから。とのこと。

彼女ら、私たちがこの廊下の電気を使わないの知ってマス。

以前にも、この敷地内にあるレストランのコックが廊下の電気をつけるのが気に入らなくて、この母娘が廊下の電気を取ってしまったことがあるんですね。このコック、夜中にうちへ、ロウソクを借りにきましたわ(この後、コックと母娘との壮絶な戦いがあったのですが。。それはまたいずれの日に。。むふふ。。)。で、この電気絡みで、待ち伏せ、嘘、貼り紙。。なんてことしてたので、相方と「どんなに暗くても、この廊下の電気は使わないようにしよう」と決め、それ以来、使っていません。このことを母娘はよ~く知っていますね。だって、私たちが帰宅するのをどんなに遅くても待ってますから。。

で、この廊下の電気代は大家がみかねて、大家自身が払っています。が、彼女らの言い分は、私たちが毎夜電気をつけっぱなしにするため、大家が払う廊下の電気代分を遥かに上回る料金になっているというわけデス。

あきれますわ。。

毎夜待ち伏せしてて、私たちが使ってないの知ってるのにね。。

電気代ですが、メーター交換があった後、どの家も軒並み電気代が高騰しとります。うちもビックリしましたです。他の家も同じことになってるそうな。なもんで、この母娘の家だけじゃないですね。そこで思いついたのが、ここの家賃、もしくは電気代をうちに肩代わりさせよう。という案だったみたいです。。。

大家がうちへ来る直前に、外で草刈機で草を刈っていたとき、娘が大家に近寄り、「&*@#$よろしく」と満面に笑顔を浮かべ、頼みごとをしていたのですが。。。うちへ大家が言いに来ることをヨロシクということだったみたいです。あの笑顔、忘れられませんわ~。自分的には、かなりイケてる案だと思ったんでしょうね。

って、そんな嘘、通るわけないでしょ。

相方は大家へ向かい、「うちは廊下の電気を使ってないし、そんなこと言うなら廊下の電気を取ればいい。うちは全然構わないよ」で終わり。そこから大家と母娘がどういう話しをしたのかは分かりませんが、彼らの睨めつけが険を増した気がするので、上手く行かなかったんでありましょう。

ただ今、母娘はバカンス中。ちゃっかりしてます。自分たちが居ないときは、廊下の電気取って行ってますわ。

なんで、大家はこのおバカ母娘の正体が分からんのでしょうね。私のイタリア七不思議ッス。
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-22 23:21 | 隣人と不動産
イタリアで免許収得2
教習所の学科試験に受かりました。

奇跡。

マンツ-マンで、学科の授業を受けていたのですが、先生役のお姉ちゃん、食べながら教えるわ、携帯するわ、出来ないと怒鳴り散らすわ、教科書床に叩きつけるわ。で教わり、一度学科に落ちました。その後は、兄ちゃんの先生に変わったのですが、「全然、違うよ。これじゃ受からん」とか言われ「今更、何言うてんスかぁぁ」とパニックに陥りながら、怒鳴りちらされながらも勉強し、やっとこさ受かりましたです。

なんというか、怒涛の教習所体験をしています。でも学科が受かったことにより、半分は終わったんすよね。ほつ。

どうやら、私の行っている教習所は、フツ-ではないらしいです。イタ人に、「こんな感じで教わってる」と話すと、「えっ、そこ辞めなよ」と言われたこと数あり。。でもなんだか続けてしまっているのは、家が近かったのと、怒鳴られたり、教科書投げられたりなどな゛ウゲッ゛となる対応の中にも人間味ある部分が垣間見られたからだと思いますね。ここがそれなりに繁盛してるのは、ガサツな対応云々よりも、゛人゛そのもので持っている気がしますです。

さて試験でありますが、口答試験なんですよね。試験場へ行くと、前のインド人がチンプンカンになってて試験官に、「アタシが言ってる質問に答えなさいヨ!!アンタの言ってることは全然関係ないって言ってるでしょ!!」と、額に『怒』の字を浮かべ怒鳴りちらしているとこでありました。

ひょえ~~

で、私の番。書類が一枚足りませんでした。。。で、これじゃぁ試験が受けられないってんで、足りない書類を取りに帰るということに。これ、教習所の所長でもある先に書いたお姉ちゃんの不手際っす。で、時速150キロでふっとばし、書類を取りに帰り、再び試験会場へ。ちなみにイタリアの最高時速(高速道路)は130キロと決まっとります。まぁ、試験と現実の規則(?)は違うんでしょうなぁ(笑)。って、書類、揃えといてよね。。

そんでもって、息きらせながら試験会場へ再入場すると、丁度アフリカ人が試験官に、「出てけっ!!」と体一杯、怒り一杯に表現されてるところでありました。

ひょ、ひょえ~~

こりゃ、アカン。。」とすでに不合格ムード漂わせながら、まだ怒り収まらずな試験官の前に座ると、「この試験官やった後って、いつも頭痛がするのよね」と一言。「嗚呼。。」と消え入りそうでしたわ。。でも試験はどうにかこうにかでありました。「アンタ、窒息しそうよ。落ち着きなさいよ」と言われもしましたが、ホントにどうにかこうにか乗り切りましたです。

うちの県、この口答試験はこれが最後となりますね。次回からは、外国人は、イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、英語、中国語の中から試験を受ける言語を選び、イタリア人と同じクイズ形式のテストに変わるんであります。イタリア語のクイズの問題集を持っていますが、キツイです。必ず分からん単語が出てきます。しかも引っ掛けになってるので、私なんかは引っ掛かりまくり。。辞書引いてみるも、出てない単語ぞくぞくなテストなんであります。

こ、こりゃ、口答試験じゃなかったら、一生受からん。。(汗)。。

と最後の試験に背水の陣で臨んだのですね。この口答試験は、試験官もその辺は配慮してくれてなるだけ分かりやすい単語を選んで質問してくれ、もし質問が分からなければ、「質問の意味が分かりませんでした。もうちょっと分かり易くヨロシク」とも言えるしで、外国人には筆記と口答のどちらかを選べるのですが、大抵皆さん口答試験を選んでるようですね。

そんな口答試験が今回で終わり、各国語のクイズテストに切り替わるのですが、日本語はありません 。。「なんで、ないんですかっ?!」と聞くも、「日本人、少ないから」で終わり。そりゃそうだな、少なければお金かけてそこまでしないわな。。

これからイタリアへしばらく行く予定の方。特に、車がないとロビンソン・クルーソー状態になってしまう地域へ行く方。日本で免許取っといた方が良いっすよ~。日本の免許はこちらで書き換えすればOKっす。まぁ、イタリアで教習所体験をしたい。ということなら別ですが。。

そうそう、この日、教習所の姉ちゃん、誕生日だったそうで働かないことに決め家で休んでたんですが、私の書類が一枚ないので、一緒に行った兄ちゃんに電話で、「死ぬほどキスしてやるから、今すぐ来てくれ」と電話で呼び出されてましたです。ここ、今は2人でまわしてます。で、この姉ちゃんの方が経営者。

試験が終わり、休日返上でやって来た姉ちゃんに、「誕生日だったのに、スマンでしたねぇ」と言うと、「アンタが受かったのが、今日一番の誕生日プレゼンよ」と、ガシッと私の肩に腕をまわし、私は彼女の腰に手をまわして歩き、試験会場を後にしましたです。

これから教習所は夏休み。次は8月の終わりにイキナリ路上が始まります。日本で免許取っとけば良かったよ。。と何度も思ったのですが、イタリアの小さな教習所で免許取ってみる。ってのも、ちょっとオツ、で良いかもね。。なぁんて、やっと思えてきましたです。
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-21 23:48 | ほんの日常
家探しとヴァカンス
お義母サマとの激しい攻防戦の末、相方の運命の新居はキャンセルされ、我らは再び家探しに奔走いたしとります。

縁なかったんよ

と慰めるも、憤懣やるかたナシな相方。日本ではちょっと考えられない状況ですが、お義母サマのことのみならず、将来を色々と考えてしまうような不安材料もあったりでのキャンセルだったので、仕方ありませんわな。で、家探しに再奔走中なのであります。

イタリア、すでにヴァカンスモードに突入いたしておりまして、国民の皆さん、ヴァカンスへ向けて、仕事のヤル気いまいちな雰囲気が漂っている気がいたします。そういえば、先のワールドカップで渦中の人、イタリアのマテラッツィ選手がFIFAに事情聴取のため出向くようにとの要請に、「ヴァカンス行くから早くして」と言うたのは記憶に新しいところですね。

イタリア人、ヴァカンスのために生きてマス。。

というのは、言い過ぎでしょうか?まぁ、それはさて置き、ここんとこずっと不動産めぐりをしているわけですが、不発続きで相方ともどもグッタリ。。です。1軒目は2度キャンセルされ放ったらかし。

いえね、ここの持ち主は特別な事情があって手放したいってことなんですよ。でも良い家ですよ。えぇ、事情はプライバシ-に関わることなんで、電話では話せないので、家をご覧になるときにでも。。

な~んて、意味深な言葉を残し、真相は分からぬまま、家も見れぬまま、キャンセル&放ったらかしの憂き目にあってマス。今頃、不動産屋さん、どこぞでヴァカンスでもしてるんでしょうかね。。

2軒目。待ち合わせに現れませんでした。電話するも応答ナシ。相方が事務所を訪れるも誰も居なかったそうです。

すっぽかされ、ました。。

もちろんその後も電話ナシ。騙されたんでしょうか?でもここはイタリア、ヴァカンスだったのかもしれません。って、約束したじゃ--ん!!

3軒目。不動産屋さん、現れました~♪ 30代と思われる、ピチピチのイタリアオノコでありました。も~う、来てくれただけでウレシクなっちゃてる私です。で「やっと、見れる~」と喜び勇んで家に着くと。。

あっ、鍵ないや

。。。。

家を見に行って、鍵がなくて家のまわりだけ見て終わり。「生憎だけど、鍵がなくて家が見れないから来週もう一度来てください」ですと。

グッタリ。。

全然慌てた様子もなく、「スイマセン」の言葉もなく、「しゃぁないわな、鍵ないんだから」って感じで締められて終了。お主、不動産屋じゃろぉぉ。なんて魂の叫びが届けば、イタリアはもっと発展してるんじゃないでしょうか。

でもこんなことって、イタリアだからですか?ヴァカンスモードに浮き足だっちゃってるんですか?たまたまなのぉ~?運が悪いだけ?も~うっ、なんなのヨ---ッ!!

こんな疑問の雄たけびが解消されるべくもなく、悶々としながら週発行の不動産のフリーペーパーに目を通す日々であります。

実は家探し、かなり急を要しております。ず~っと、引越しを考えてはいたんですが、相方が多忙なため動けずでここまで来てしまった次第なんですね。先日、相方がハレて転職が決まりまして、仕事が始まるのが秋口。今まで以上に忙しくなりそな気配。。そして通っている大学も再開されるのは秋口。それともうひとつ頼まれている仕事もあって。。などがあり、この夏休み期間を逃すと、また一年は全く動けずで、超不便な場所に気狂い住人ちゃんたちと住むことに。。。

いやっ、もう十分ですわ。ここ。

というのは、相方、私、お義母サマ皆々さまと一致した意見でありまして、ただ今ここぞとばかりに走り回っているわけですが。。そんなヤル気漲る我らに反して、世間はすでに仕事ヤル気なし(?)な感じ。そして来月は確実に不動産屋さんもお休みを取られる模様でありまして。。実質、不動産を見て回れるのは。。。ひょえ~、ほとんど時間ないじゃ--ン!!ってな現状なんでありますね。

なぁんて、不運なのかしらぁあ(涙)

と嘆いてもはじまらんですよねぇ。。とりあえず、家を買うのは急がずで、良い物件にあたれば買いだけど、でなければ借家でもっと便利な場所に引っ越して、時間みてじっくりゆっくり買う家を探そう。。というか、もうそうするしかないでしょう。ということに決め、また月曜から相方の仕事帰りに一緒に不動産めぐりです。

あぁ、お願いっ。月曜こそは、家を見られますように。

まずはそこからですわな(苦笑)
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-16 17:41 | 隣人と不動産
語学のキリ
語学って、どのくらいやったらヨシ。なんでしょうね。。

って、最近思いマス。

個人的には、日常会話で困らない程度でモウいいですわ。ってのが目標ですが、生活してみると、なんやかんやと面倒な手続きや、ちょっと行動起して外へ出てみると、日常生活に困らない語学力&単語力を身に着けるって、相当大変ではないですかっ。と思い至ちゃうわけです。

辞書に載ってない単語や言い回し、その上、ゼスチャ-も多いんですよね。この間も、あるイタ婦人と話していて、「主人、今これだから大変」と、自分の喉をつまんで見せたので、「あぁ、ノド痛くて声出ないんスか?」と言うと、「違うわよぉ、仕事ばかりで大変って意味よぉ」だそうです。

知らんがな。そんな表現。。

って、これは別に語学力とは関係ないですね。何か話はズレましたが、゛意思疎通゛という点で、結構ちょっとした苦労が耐えない日々なんであります。

でも同国人の日本人と話していても、その語学力の差は意外にあるもんだなぁ。とは、よく感じるところであります。「そんなこと言ってないじゃん」、「そんなこと聞いてないしっ」ってのは、よくあるいことですし。これは語学力の問題か、はたまたコミュニケ-ション能力の問題であるのか、それとは違うブブンの問題か。。は判然としませんが。。

同じようなことでも、これが慣れない外国語となると、相手に「ハテナ」って顔をされる原因には、まだ初心&中級学習者だと、その語学力によるところも大きくなる気がします。語学ってのは、いうなれば゛道具゛でありますが、いくら使い手に道具を使って出来ることのアイデアがあろうと、道具の使い方を知らなければ、アイデアは表現されないわけで。。でもって、よりよい会話や中身を求めて行くならば、その道具もそれに適した良いものの方が作るものも容易くなるんですよね。じゃあ、どの程度の道具があれば、いいんですか?と考えると、語学だと、語学って突き詰めて行くと、無限なんですわ。キリがない。

で、自分の活動範囲や、交際範囲を考えてみました。

友人どもとは、多少拙くてもどうにか通じてるんで、文法をもちょっとやり直して序々にオカシナ所を直して行けばいいかしらんね。音楽の方は、大抵言うてること分かるんで、こっちは語学力というより、知識が問題か。。問題は、相方の奥さまヅラしなけりゃいけない時と、仕事を探すとなった時に要求される「社会人として笑われない(?)レベル&語学力のなさから起こる仕事上のミスが無いレベル」を目指す。というところでしょうか。

って、ことになると、急を要しているよなないよな感じですが、結局のところ、やっぱ地道にミチミチ勉強しないことにはダメな気がしますね。まぁ、皆さん、地道な勉強してるんでしょうから、これが普通なんでしょうな。

で、最近、ちょっと気になるのが。。。ブログを見てると、全く語学できなくて、見ようによっちゃ共通言語ナシ(?)な状況からネットで出会ってお付き合いしてる方たちですが。。コミュニケ-ションって、問題ないんスかね。お写真出されてる方を見ると、カワイコちゃんかビジンさんだったりするので、「美人は3日で飽きる説はウソだったらしい。。」と密かに唸ってもみたり。。で、そこからババンと数回会ってケツコンに至る方もいて、その過程を見てると、私にはショ-ゲキというか、驚嘆だったりするんですね。

なぁんだ、語学、できなくてもナントカなるのかも。

日々是苦悩の私には、目からウロコっすよ。

これって、゛運命の相手゛は言語を超える。ってことでしょうか。それとも、コミュニケ-ション能力がヒジョ-に発達していて、共通言語なんかいらんわ。って感じなのかしらん。。コミュニケ-ション能力だったとしたら、コツを教えて欲しいですわ。ほんと。

かくいう私も語学ダメ人間ですが、ケツコンしてますね。全くできないわけではなく、メチャクチャだがとりあえず通じる語学力は保有いたしております(レベル低すぎて、自慢にもならないですが。。)。相方は剣道野郎で、日本文化オタク、私は反対に西洋音楽ヲンナってことで、お互いイタリア人だったら、日本人だったらこんな感じっしょ。ってことで大した文化摩擦も壁もなく、ゆる~い語学力でここまで来てしまいましたです。

おっ、そう考えると、語学力以外によるところも大きいかもなぁ。

う~ム、どうなんだろうか?

語学力について考えると、なんだかとりとめがなくなりますね。

結局は、語学の勉強は、その人が必要とするレベルを目標とすべし(ということで、人それぞれ)。人間関係においては、語学力以外による要素が大きい。ってことでしょか。

まとまってないなぁ(笑)。しかも適当ですな。

またつれづれなるままにでも、考えてみますです。
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-14 20:42 | ことば
海外で日本食
ウスターソースが、きれました。。。

すぐに買いに行けない距離に、故郷の遠さを想い、涙してしまいましたです。。

日本食がきれると、故郷が思い出されるのですよね。って、望郷イコ-ル胃袋。って自分に気づいてしまいました。。これもなんだかカナシ-よなぁ。

で、海外でくらす日本人のほとんどが必ずといっていいほど探すモノに、゛日本食゛があるんじゃないでしょかね。日本人が多く住む大都市では、比較的簡単に日本食が手に入ったりしますけど、うちのような日本人の少ない場所だと、中々難しい現状がありますです。昨今は、日本食ブ~ムなどもあり、『やや日本食』もしくは、『なんちゃって日本食』であれば、スーパーでも見つけることができますが、日本人だったらウゲッと引いてしまうような値段が殆どなため、貧乏性の私には、購入できてませんです。。。

でもやっぱりたまにゃ食べたい日本食

そこで町をブラブラしてみると、中国人系やアフリカ系などなどの専門食品店がぽつりぽつりとではありますが、あるんであります。大抵は、オーナーのお国柄が反映された品揃えとなっていて、その近辺の出身者たちで賑わっていたりしますね。

最初は、中国人系のお店にお世話になっていたんでありますが、買い物に行くと、店員が私がワルサしないかとピタッとくっついてくるんであります。

人間監視カメラ。。

客にこんなにアカラサマなことするなら、監視カメラつけろよ。とタイ人の友人にグチると「あぁ、あそこはダメダメ、もっと良いとこあるから連れてったげる」と行った先は、店主がアラブ系の世界の食品店でありました。それからは、いつもココにお世話になっとります。

この店では、アラブや東南アジア辺りを中心とした格安な食品を輸入して売ってます。日本モノはやっぱり高すぎてねぇ。。とは店主のお言葉デス。いつだったか、乾燥ワカメ500グラムパックを私に見せ、「これ、どうやって食べるんだ?30ユーロで買うか?」とか聞いてました。

ガビ-ン、日本だったら398円だよ~~

もちろん購入しませんでした。。祖国の遠さを想いますね。。

ある時は、『トーキョー』とベタに印字された袋入りラーメンを私に見せ、「オイ、日本のラーメンが入ったゾ。ちょっと高いけど、買うか?」と言うてきました。

騙されてますから~~

どう見ても、東南アジア系産のラーメンでありました。。とほほ。。

と、ホンモノの日本食に拘っていたら、中々大変であります。でも見渡すと、日本食に近く、遜色ない食品が世界には色々ありますね。醤油は、タイ産かフィリッピン産(原料はパイナップルなんですねぇ)を使用してますし、海苔やわさびは中国産(店主は日本産だと思ってますが。。)などなどなど。

そしてこういう時に良いのは、各国の友人どもです。この店に連れてきてくれたタイ人の友人や、ペル-人なんかと買い物にくると、食べ方なんかを教えてくれるんで「へぇ~」を連発しながら楽しんどります。こういうのも良いもんス。

でもやっぱり味噌orなんちゃって味噌(でも可)は見つからないんですよね。。ミラノくんだりまで行かないとやっぱりないのかしらんね。。

あぁ、日本は遠いんだなぁ。。

ちょっと望郷、つのってマス。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-11 18:14 | ほんの日常
暑中お見舞い申し上げまする
b0050003_1754639.jpg

[PR]
by zefiro04 | 2006-07-06 18:12 | ほんの日常
家探しとお義母さま
お義母さまが、新居のご検閲に来訪されました。

不可

だそうです。。理由は、階段がありすぎ(タテ長ですから。。)、暗い感じ(一階は防犯のため、窓が超ミニで光があまり入りません)、と私のためにダメ。なんだそう。

運悪く、この日はお義母さま、腰痛をおしてのご来訪(趣味のダンスで踊りすぎたのかっ?)。そんな体に鞭打たせた新居に大変ご不満だったようです。

で、不可

その後、レストランで食事するも声を張り上げて反対なさってました。

支離滅裂、でした。。

ご意見をまとめてみると、この家だと私がノイローゼになるからダメ。家は相方の職場(スイス)、この中都市(イタリア)の近く(じゃないと、疲れた相方が天気の悪い日に事故でもおこしかねなくて心配だからだそうです。。)そして近くに小学校があって病院があって薬局があって、交通の便がよくて静かで部屋が広くて安いところエトセトラエトセトラ。。だそうです。

一体、どうしろと。。。ここは、不便大好きのイタリアなんですけどぉぉ。。

お義母さまは基本的には良い人でありますが、論理的にモノごとが考えられないところアリです。感情に引きずられやすいとでもいいましょうか。でも、現役時代はバリバリ働いていらっしゃったので、メチャクチャ手際よく社会の煩雑なことなどを処理なさる能力は高いです。

なもんで、ちょっと厄介ちゃん。。いやいや、手強いのであります。

感情的で、非論理的ながらも、打つ手はビシッと打ってくる。というやつです。

まぁ、そんなこんなで話し合いは色々な方向へあっちへ行き、こっちへ行きして決裂した新居ご検閲でありました。

食事中は、自分がどんなに働き、大変な思いをして家を買ったかなどを語っておりました。そしてご自分の人生のつらさを語りつつ、銀行などで問い合わせた資料やらを手に気炎を吐いておられました。。

で、お義母さま、帰り際に私の肩をグッと掴み、「いいわね、私の言いたいことは分かったわね。私の正しいことも分かるでしょ。あとはよろしくね」の言葉を残し、ご帰宅されました。。

将棋のコマちゃん。とでも思われているようですね。。とほほ。。

まぁ、反対されるのは構わないんですが、その理由がどうも感情的なものから出てる感じが引っかかる私です。

相方には、「賃貸でもいいんじゃない?じゃなきゃ、お義母さんと家見て回りなよ」と言ったら、「マンマはそんなことしたくないよ。それに来週から2週間はサルデーニャでバカンスだしさ」と溜息まじりに言うておりましたです。

お義母さま曰く、「私のことを考えてくれる人は誰もいないの。私は皆のことを一生懸命考えているのに。。つらいことばかっり。。なんて、フコ-なのかしらぁぁ」とはよく私に語られる言葉ですが、結構えんじょいらいふ、してると思うんですけどね。と、先月のクル-ジング旅行で日焼けしたお義母さまを見ながら思ってしまいましたです。

その後、相方が「今日って、タイアンだった?」と聞くので、ネットで調べてあげました。

仏滅。。

いや、でもさ、ここイタリアだから関係ないんじゃない?日本人でも気にしない人の方が多いと思うし」と言うと、「今日がブツメツだったら、見学に行かなかったのにぃぃ、なんで教えてくれなかったの??」とか怒ってましたです。

アンタも、支離滅裂。。

そうそう、お義父さまですが、「もうちょっと見てから買った方がいいと思うけど、気に入ったんなら買えばぁ」だそうです。

私は。。引っ越せればいいですわ。あぁ、でももう暫くは家受難、続くんだろなぁ。。お義母さまと隣人たちとともに。。(溜息)。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-05 19:58 | 隣人と不動産


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング