伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
隣人たち12-<番外編>
最近、寒いせいか外で怒鳴ったり叫んだりする人もいないので、何もないわけではありませんが、まぁ、わりかし静かに暮らしとります。

そんな静けさの中、今年も終わりってことで、一年を思いかえしてみると。。色々あったなぁ。。あぁ、フコー満載でありました。。ネタ、溜まってるよ。。(涙)。と静かにもかかわらず、考えれば考えるほどドドンときてしまう自分であります。

なぁんて、オノレのフコーについてひとり考えを巡らせてばかりいても仕方ないんで、友達とストレス発散も兼ねてよくグチっておりました。

そんな話しを知人、友人と始めると、結構出てくるんですな、ネタが。

ある友達のアパートでは、毎年、共有費として一軒につき500ユーロを取られているんだそうです。あるとき、エレベーターが壊れたのでこの共有費で直すってことになったら、なんと、この共有費、管理者に着服されていたそうな、数年分。で、この管理者のスゴイところは、それがドーシタと開き直り、更に住民たちにエレベーターを修理して欲しきゃ、金出しなと一軒につき100ユーロ要求してきたそうな。住民大爆発。ってなことがあったのよぉおおお。と友達、声を荒げて語っておりました。更に、ここのアパートの住民同士のバトルもあって、壁に「うるさい!静かにしろっ!!」と貼りだしてあって、それに対してまた「うちがうるさいんじゃない!いい加減にしろっ!!」と貼り紙で応酬してみたり。。

イタリア人、貼り紙、好きですねぇ。。

ある音楽をやってるご婦人は、昼間にピアノを弾いていたら、アパートのドアに音のことで苦情を書いた紙を差し入れられた。と言うてましたね。外で会うときは、ニッコリ笑って話し掛けてくるけど、顔見えないとこでこういうことすんのよね--。直接言えばいいじゃないっ!!とこちらもご立腹でございました。コミュニケーション能力、低下してるんすかね。。これこそイタ人の得意とするとこだと思ってましたですよ。

あと、なぜかは教えてくれなかったんですけど、某高級アパートに、ある気狂いさんが住んでいて、他の住人さんはとても゛キケン゛ってことで、その周りの住人は購入して入居するも、すぐに売りに出されるところがあるそうです。そこは年代モノの別荘をアパートとして改造したところで、緑溢れる広大な庭もあり、便も良いとこにも関わらず、皆このキケンな住人のために出て行くそうな。。どんなキケンさんなのか、気になるとこです。。

と、これは軽~く(?)イタリア編。でも日本でも結構スゴイのあったりします。私も色々見聞きし、実体験もしてますが、日本の友の住民ちゃんたちにはまだまだ及んでいない気がいたします。

友の家の隣には、ある美しい頭のイカレちゃったおばちゃまが住んでいるそうです。友、彼女の奇行には背筋が凍えつつも、その奇想天外さに笑いを誘われたりもするらしく、ときに笑いながら語ってくれておりました。

このおばちゃん、たまにピンポンラリーをするのですが、あるとき友が゛ピンポン゛の音を聞き、玄関に出てみると、包丁が玄関の上がり口のところにキチンと置かれていたそうです。

マジ、びびった。あははは

だそうです。。そしてある朝、家を出ると、公共の道路にパイプベッドが置かれ、その上には重石のつもりかミシンが乗かっていたそうな。。

バリケードのつもりなのかも、知らね--。あははっは

そしてこのおばちゃん、友にご執心らしく、友の行動をメモってるらしいです。朝、何時に出かけるとか。メモ持って、一応隠れながらメモってるらしいです。そんな友の行動を監視していたおばちゃん、友がある日の深夜に帰宅すると、一応隠れながら待っていたらしいですけど、おばちゃんはこの夜は隠れたのがバレたと(いつもバレてますが。。)感じたらしく、咄嗟にカモフラージュのつもりか、近くにあった植木鉢を左右の両掌に乗せ、スクワットを始めたとのこと。。

す、すくわっとぉぉお?

の私の信じられんの言葉に、友、「いや、マジマジ。誰に話しても信じてくんないんだけどさ、ほんとなのよぉお。わははははは」と大爆笑しとりましたです。

友、このほかにもご近所のスゴネタ山ほどありです。たまに異国の地で思い出しては笑わせてもらってます。いやぁ、国問わず色んな人がいるもんです。

そうそう、待ち伏せと言えば、ある友もアパート(イタリア)の大家のおばちゃんにされていて、頭きたそうですが、彼女がしたことは、一張羅のドレス(??)を着て、両手一杯の花束を手に大家の家へ向かったそうです。そして、大家夫婦に「こんにちは、スッテキなお花を見つけたので、大家さんにいかがかと思って♪」と満面の笑顔とともにこの花束をプレゼントしたそうな。

あんたねぇ、これ一番効くのよ、あぁいう人たちには特にね」だそうです。

この日を堺に、大家婦人の待ち伏せもなくなり、エラク親切にされてるそうな。。

スゴイよ、友よ。。

本当はどんなタイプの人とでも仲良くやれるのが一番なんでしょうけどね。そういえば、合気道の達人、故塩谷剛三センセも言うてましたね、自分を殺しに来た敵と仲良くなれるというのがこれオウギ(スイマセン、ウロ覚え。。)

まだまだケツの青い自分を感じる、年末であります。
[PR]
by zefiro04 | 2006-12-21 21:20 | 隣人と不動産
師走の家探し
家を買う。と決断して物件も決め、本契約まであと一歩のところまで来て、またしても暗礁に乗り上げてしまって、引越し先がどうなるか分からなくなってしまってマス。

うそ~、2月には今住んでるとこも出なきゃいけないし、この時期に他を探すって。。。またまたヴァカンスですよぉぉ(涙)

と相方共々、発狂寸前。

こりゃ゛厄゛か゛゛天中殺゛かっ。ってことでネットで調べてみたりと、結婚してからのお互いのイジョーなほどの不運続きに人の力の及ばぬ何かを感じておりまする(?)。って、そんなことしたからって、事態が好転するわけでもないので、オノレたちの力でどうにかするべく奔走中。

実はですね、購入を決めてる家は、役場の許可をとらずに家主が家を改造してしまっていてですね、買い手としては、ここんとこをクリアにして役場に罰金を払っといてくんないと、将来、売買する際に、今度はうちがこの罰金を被ることになるわけっす。そこで、持ち主が役場がこの改造を許可してくれるように法に則ったかたちで゛法的にもおっけいな家゛を目指し動いていたんでありますね。で、最後の最後に、駐車場の確保ってのがあるわけですが、これにケ躓いて頓挫中。。

この家、ガレージを改造して部屋にしちゃってるんですよ。なわけで、図面上は、駐車場がないことになってるのであります。普段は庭に駐車していてなんら問題なくやってたのですが、これを法的に定められた形で駐車権利を中庭を共有する住民たちと合意の上で書類を作成することになったわけです。

家6軒につき、法的に定められた駐車スペースは5台分。。

そんなこんなで売主が家を売らんがために、そして役場の許可をとりつけんがために中庭を共有している6軒の家を集めて会議を開いたんであります。

ものわかれ。。

当たり前といっちゃ、当たり前ではありますが、他住民は今のまま中庭で好きなとこにとめられるしで、問題ないわけであります。売主が売りたいがために、ただ書類上ってことではありますが、この権利を取る必要があるんですわな。でもいざ゛権利゛ってことになると、誰も一歩も譲らないどころか、「ウチの家は大きいんだから、2台分は欲しい」とかとか、誰も譲らずもの別れ。6軒に法的な駐車場の権利は5台分。。

。。。。

でもこれ取れなきゃ、購入予定の家は元のガレージにわざわざ戻すための改造をし直すか、うちが購入した後に、駐車場を購入し、役場へ駐車場の確保ができたと書類を提出するか(といっても、実質的には、中庭に車を全住民がとめられるので、はっきり言ってあんまし意味ないんだな)か、更にどこかを改造することにして、その際に建築家に頼んで、今の改造したところも含めて、新しい見取り図を作りなおし、法的に認められたものとするか。。

う~ム。。

一般的には、将来、売る予定なかったり、なぁんて家は役場の許可なしに結構改造しっちゃってるところもあるみたいですけど、許可とっておかないと、売買時に問題になっちゃうんですな。

売主、不動産屋を通して連絡してきました。

役場への罰金分を値引きするから、買うか買わないか早々に連絡くれ

あとはそっちで頼む。。ってことだわな。この売主、ただ今、経済危機中なもんで急いでマス。。

相方、早速友達の建築家へ連絡し事情を話し、値引きされた金額が妥当であるのか、この状態の家の購入にあたってのリスクはどうなのか等などを、調べてもらってマス。

駐車場の事に関しては、お友達さん語るところによると、歴史があるようです。

なんでもイタリアは、その昔に家を造ったときにガレージを造らなかったところが多かったそうな。最初は良かったんですが、徐々に家が増え、車も増えるも駐車場ナシ。ってことで役場持ちで公共の駐車場を作ることに。こりゃぁ、かなわん。ってことで、家造るときはガレージや駐車スペースの確保を法的に義務付けることになったんだとか(イタリア全土がそうなのか、うちの県だけかはナゾ)

イタリア、車社会ですからね。一家に一台は当たり前。ひとりに一台もザラでございます。うちの階下の娘さえもが車持ってますからね。ここでは生きるための必需品になっとります。何ゆえ車が必要かと言いますと、不便だから。。ないと社会生活困難ス。いや、マジで。。。

電車、通せばいいじゃん」とは私の意見。

。。。。」、相方。

嘆いてもはじまりませんが、なにせ2月にはここを出て行く契約にもなってるんですよねぇ。。今は賃貸アパートも視野に入れ、情報収集中。って、またまたヴァカンスに入るってことで、賃貸アパートもなにも探せないじゃ--ん。。どうすんのよぉぉ。と相方をドついてみるもどうにもなるわけございません。だって、ココはイタリアですから。。相方の友達からの吉報に期待したいところであります。

年末年始は友達がアパート買ったってことで、ドンチャン騒ぎですわよ--。とトリノあたりまで出張って行くつもりでしたが、楽しい年末年始も暗礁に乗り上げてしまっとりマス。年末はもぉどうでも良いっすが、年始はスッキリ楽しく、友らに囲まれ幸先良くスタートしたいところ。ここはキバッテ、年内中に゛不運゛な運を使い果たし、諸問題に決着をつけたいと、あと少しの今年は相方とともに走り回りそうです。

久々に゛師走゛らしい師走を送っている、ってことになるんですかね。。あぁ、良い年迎えたい、ですね。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-12-18 03:24 | 隣人と不動産
言いにくきコト
そんなこと、聞けないよ~」と某国で働き、彼氏さんはイコクジンの友は言います。

お金のことや、今後のコトなどの具体的なことが聞きにくいとのことです。って、一緒に住んでてそれら聞きにくいことが原因で関係はギクシャクしているようです。

聞けよ。

ドライらしい私はスパッとそう言いますが、「聞きにくい」とのことです。

相方からケツコンの話しが出たとき、彼に電卓を渡し「一ヶ月の給料いくら?」と電卓に打たせましたです。プラス、音楽を続けさせてもらえること。イタリアへ来ても外国人の私が職を見つけるのは難しいであろうことなどを請け負えるのかを話し合いましたですよ。そして日本を離れるまで2年間という時間を持たせてもらえること。

相方、電卓を渡したときはちょいビビッてましたです。でもこういうことはキッチリしとかないと、後で絶対にトラブりますからね。もし彼がオオガネモチで、「いいよ、いいよ好きにして~」なぁんて人だったら、別にお金の心配もいらないし話しにくいこと話す必要はないのかもしれませんけど。。でもそうじゃない私含む大部分の方々は、特に海外という土壌の違う場所へ行くとなったら、そりゃぁ、下調べ&土台つくり(?)は必須でありましょう。そんなこんなが功を奏したかはナゾですが、色々あるにはありますが、相方とは穏やかにやっとりマス。

以前に語学で同じクラスだった南米の姉ちゃんがイタ人と結婚しました。そして結婚後すぐ、母国に残してきた自分の子供を引き取りたいと言い始めたそうな。そしたらダンナになったイタ人のご家族が大噴火。そりゃそうでしょう。ダンナひとりの給料でダンナの子じゃない子も育てることになるんですからね。結婚前に話して了承を得ていたんならまだしも、結婚するまで黙ってたんだから怒られても仕方ないっすね。で、この南米の彼女も大噴火、「口出しすんナ」だそうな。

クラスで、そんな話しになってるらしいよ。なんて話していて、私に意見を振られたんで、「結婚前に話していたんならまだしも、結婚後に言ったら、そりゃぁ家族だって゛騙した゛って言いたくなるわさ。言いにくかった、そんなつもりじゃなかったは通んないでしょ。ただ単に問題の先送りにしか思えないね。結婚前に言ったら、結婚がフイになるってことで。もし仮にすでに子供がいて、結婚に差し支えるってことで隠しておきたいんなら、一生隠し通す覚悟なきゃダメなんじゃないのぉ。明らかに結婚後に出てくる重大な問題なら、結婚話しになったとき、あるいはなる前にでも相手に言っておくのが誠意ってもんだしょ」と言ってみましたです。

実はこの彼女、結婚前に妊娠していたのですが、皆からそれを聞かれるたび、「あぁ、太ってるだけ」と答えていました。で、臨月頃にクラスにいるとき、役場から電話が掛かってきて、「このお腹のことで聞きたいことがあるからすぐ来いって役場からの電話だったから帰る」とそれっきりになっていたのでした。

どうやら、彼や彼の家族にも太っている。で通していたみたいです。

って、分かるだろ---

と大いにツッコミいれたいとこですが、これ、現実の話。でもって、子供をネタにかどうかは分かりませんが、それからほどなく結婚しましたですね。多分、役場に呼ばれたなどの話しから、滞在許可証の問題も絡んでいたと思われます。

それから数ヶ月後、彼女とも仲の良かった友とお茶してるときに「彼女どうしてるの?」と聞くと、「もう付き合ってないわよ。あんなサイテーな子。別れて今は他のイタリア人と住んでるわよ」とかなり気分悪そうに言うとりました。そして、友達の国のジェスチャーをしたので、「どういう意味?」に、「手に職持ってない人。ってことよ。彼女何もできないから、生きるために男を渡り歩くのよ。サイテー」だそうです。生きるために男を渡り歩くってのは、これはこれでひとつの才って気もしますが、でもどーも彼女のやり方は見ていて気分悪いんすよね。

個人的には、仕事でもなんでもそうだと思うんですが、絶対に避けて通れない言いにくいけど言わなけりゃいけないことってのは、相手が考える余裕や時間、そして受け入れる、断れるなどの選択肢があるときに伝えるのが最低限の誠意というか、お約束っしょ。と思うのであります。そんな余裕もなんもない。って場合や相手が聞ける状態にない。なんてこともありますが、少なくても自分の言いにくさがためだけに先送りはねぇ。。と思うのであります。もちろん、先送りしてなんとかなる問題ってのも存在しますし、何はともあれ死なない限り、どうにかはなって行きますですよ。でもそのどうにかなった先が良い方でない、望まない場合もこりゃまた多々あるわけで。。でももっと先に言っときゃ、どうにかなった場合もあるわけで。。

南米の彼女がどうしているのかは知りませんが、多分、コスイままだったらあんまり良いことにはなってない気がいたしますです。私の友は。。そうですねぇ、どうするんでしょうねぇ。根本的な問題に触れ、解決しない限り苦しい気がしますねぇ。友曰く、「アンタみたいに、聞きにくいこと聞けないよ。それに、私は゛なんとかなるサ゛派だし」だそうな。

って、なんとかなってないじゃないッスかぁ。

なんとかなってくれることを願いますが、ちと難しい気がします。。

言うべきか、言わざるべきか、それが問題なんスよね。言ったからって、解決するとも限りませんし。難しいっすよね。
[PR]
by zefiro04 | 2006-12-11 20:58 | いろごといろいろ
和ふう
神棚、必要だよねぇ」と相方。
。。。。。??
それっと、火鉢に箪笥も必要でしょぉ。箪笥はカイダン箪笥かなぁ、それともミズヒキ箪笥?うふふ
!!!

ひとり新居構想に夢膨らみっぱなしの相方であります。

って、予算も広さも考えてないね、アンタ。。

なぁんて、当たり前の私のツッコミは軽くいなされ、「日本人だったら、神棚は絶対必要でしょっ!!それに火鉢や箪笥、タタミも必要でしょっっ?!!」とややご立腹。って、ココ、イタリアだし。欲しいけど、なくても生きていけるし。高いし。新居はイタリアンドピンクの家だし。似合わないし。その前に、洗濯機とか冷蔵庫とか絶対に揃えなきゃいけないもんが山ほどあるしなどなどなど。。

ぬぉお、その前に揃えにゃならんもんが死ぬほどあるじゃろう!!

と怒ってみて、相方を無理やりイケアと呼ばれるデザインそこそこおされな格安チェーン店と、コモに引き摺って行きましたです(コモは世界的な避暑地としても有名ですが、この辺ってアンティークからモダン、デザイン家具まで家財道具の店がズラズラッと並んでもいるのですねぇ)

そこではエセ日本家具なんかも目にしてご満悦&大型店ではひとり隠れんぼをして楽しむ30過ぎの相方に付き合いなんだか疲れてしまいましたですよ。ってこんなに回ったってのに、結局何も決まらず。。引越すということの大変さ(?)を身を持って体験している次第であります。

さてさて、海外在住の日本人さんは、一体どのぐらいの日本度を保って生活してらっしゃるのでしょうかね。毎月送られてくる、日本人向けの会報にはたまに「コタツ売ります」とか、「炊飯器売ります」とか載ってたりします。炊飯器は分かりますが、コタツってどこで調達してきたのでしょうか。えっ、日本から?気になるところです。。こういったこと知りたいんすけどね、イタリア国内に日本人の友がほとんど居ないんで知るすべなし。残念。

でも日本贔屓のイタ人の知人、友人はいくらかいますですね。でもって彼らの家へ行ったときのことですが、ある友は番傘を電球のカサ代わりに使ってました。なんとも風情があって感心したもんであります。そして相方の友達のお宅は凄かったっすよ。真剣や鍔が飾られてありましたね。圧巻は、゛鎧゛でありました。鎧っすよ、ヨ・ロ・イ。

んなもん、飾るなよ---。亡霊に彷徨い歩かれるじゃないッスか---

と思ってしまうのは、小心者の幽霊信じる日本人の私であります。イタリア人、幽霊とか信じませんからね。別にOKなんだそうです。でこの鎧くん、グルッと見れるようにと部屋の角から少し空間を置いて置かれておりました。そんでもって、更に美しく見れるようにと部屋の電気とは別に、鎧用スポットライトが付けられてましたですね。

スン、ゴインですけど。。

この鎧や真剣、日本で求めたものだそうです。「いやぁ、何年も前の話しだよ。まだまだその頃は真剣や鎧も安くてねぇ」とおっしゃられたお値段は、「あるとこには、あるのねぇ。。」と人生の不公平を嘆きたくなるようなものだったと記憶しとります。

ときに圧巻、ときに「そりゃネーでありましょう」なイタリアでの日本趣味でありますが、めちゃセンスの良い人が取り入れた゛日本゛は目を瞠るものアリでございます。日本人が考えつかないような組み合わせ、使い方に感動すら覚えることもありますね。その反対は。。放っておきましょう(笑)  

で我らの新居ですが、できることなら゛和風゛にしたいんですが。。諸々の事情からそれはちと難しそうですな。でもそんな゛和風゛を考えるよりもまず必要最低限の生活必需品を揃えなきゃなんないんスけど、相方、分かってるのかしらん。。

なぁんて、悩んどりましたら不動産屋から電話がっ。

手続きが遅れてて、引越しは来年の1月終わりか2月になりそうデス。とのこと。。

また、ですか。。

ということで遅れに遅れとります。いつものことですが。。これ以上遅れないことを祈ってますが、どうなることやらですな。ってことは、家具やらを選ぶ時間がもうちょっとあるってことか。。そう考えると良かったのかしらんね。。でもでも、早く引越したいッス~
[PR]
by zefiro04 | 2006-12-08 00:58 | ほんの日常
ほんのゴラク
夏前に自転車を購入しました。

うちから3~4キロ離れたところに駅があるのが分かったので、バス酔いにもいい加減嫌になってたのと、交通費がグンと安くなるというのと、自転車野郎たちがそりゃぁ気持ち良さそに疾走して行く姿にグラリとしてしまい購入。なもんで駅まで漕いでってマス。

イタリアは自転車競技が盛んなのですよ。あの有名な『ツール・ド・フランス』と並び称する『ジーロ・ディターリア』という大会もありますし。特にうちの地域は、風光明媚な上に山地形なもんで、愛好家が泣いて喜びそな起伏に富んだ地形満載なのであります。なもんだから、ちょい天気の良い日には、個人、グループ問わず走ってますね。平日の天気の良い昼間に働き盛りの大人がダ--ッと走ってたりするのを見ると、「仕事、は?」とツッコミ入れたくもなりますが、それどころじゃないのかもしれません。だって、天気良いですから(笑)

で、私が通る道ですが、自宅が地形的には丘の上に位置するので、駅まで行きはひと丘&ひと山をダ-----ッと駆け下りて行きます。

爽快。

もうこれしか感想はナシだす。マジ、爽快。途中までは、丘の斜面に沿って建てられたお屋敷街を横目に見、正面には緑豊かな山を遠くに臨みながらダ------ッ。そして丘が終わると、山のゆるやかに蛇行した道をこれまたダ-------ッ。朝方だと、刻々と山の表情が変わって行くさまを横目に見ながら疾走するわけです。

最高ですよ、アナタ。

と、これは行き。

帰りはキツイってもんじゃありません。この超爽快の道をひたすら登って行くことになるんですから。で、大汗垂らしながら漕いで行くことになるんですが、そこを他の自転車野郎たちにドンドン抜かされて行くんですね。見てると彼ら、ノンストップで漕ぎあがって行きます。スゴイです。しかも子供や年配の人もノンストップでガンガン漕いで行きます。どんなカラダしとんねん。とブツクサ言いながら漕いでます。というか、ほとんど自転車を押してってマス。。でも不思議なもので、苦しくても続けていると、自転車から降りてしまう距離もだんだん短くなって行くんですよね。そしてちょっとづつ体がラクになってきている気が。。こういった体の変化が楽しいんだな。そして、一山のぼりきったところには古い教会があるので、その前にて絶景を眺めながら一休み。これがまたタマランのですわな。

今は真冬に突入で、自転車を漕ぐ機会もグンと減り、ド田舎暮らしの数少ない特権に浸ることができないのが残念。

引越し先は、緑の少ないイタリアっぽい雰囲気の全然ない所なんですよねぇ。交通の便は格段に良くなるけど、こういった楽しみがなくなるのはちと残念ざんすね。

自然に囲まれてて、更に交通の便も良く~♪なんてのは望みすぎかしらんね。

あきらめ悪い私は、「あと少しでここともオサラバ。その前に数少ない楽しみを味わい尽くさねバッ」とばかりに少々天気が悪いくらいだったら相変わらずヒ-コラ自転車漕いでみてマス。

ここに来てエガッタ~と思える数少ない楽しみでありますね。

こんなトコを爆走中
[PR]
by zefiro04 | 2006-12-05 20:05 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング