伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
イタリアで免許収得6(最終回)
先週、一緒の時間帯に運転習っていたエリーザちゃんというカワイイけど、ワイルドな運転をする姉ちゃんが路上に受かりましたです。

ビックリ。。

皆、ダメだと思ってましたからねぇ。教官も、「運が良かった。。」と彼女の合格に少しばかり首をひねっとりました。

エリーザちゃんの運転で、何度前にツンのめり、何度車の天井に頭をぶつけさせてもらったことでしょか。トラックに突っ込みそうになったこともありますです。彼女、左右確認しませんからね。。そして車を止めるように言われたら、道の端に寄せるのではなく、道のド真ん中にビタッと止めてみたり。。(汗)。。中々にワイルダーな運転をする彼女でありますが、受かりました。。

イタリア人、言わずと知れた、国民総暴走族(?)で有名っすよね。時速なんて守ってる人、ほとんどいませんし。一方通行ってのに、反対方向から車がやってくるってのもザラ。左右確認しない。なんて人もよく見かけます。イタリアで運転するってのは、イノチ懸けなのでありますよ(あっ、大げさ?)

そんな中、前教官だったジイちゃんが、ある伝説の生徒について語ってくれたことがあります。この生徒の彼、時速は守らないわ(せめて免許とるまでは守るでしょ、イタリア人でも。。)、標識無視、果ては喫茶店に車ごと突っ込んだそうですわ。そんな話しをジイちゃん爆笑しながら語っとりましたです。でも。。喫茶店に突っ込むって。。教官、乗ってなかったんですかぁ? 怖くて聞けませんでした。。

さすがにこの彼の免許収得はならなかったそうですが、エリーザちゃん級のちょっとイカレたぐらいの運転だったら、運が良ければ受かることもままあるようですね。

で、私。今の教官には、「シューマッハのようだ」と言われるぐらいまで上達しましたですよ(?!!)。ということで、満を持して路上試験に臨みましたっス。

合格。

うきゃ~♪

途中、試験官に車を止めさせられ、「今の運転じゃダメだから、落ち着いて運転しなさい」と言われ、駐車しようとしているときには、どこぞのジイちゃんが運転する車に突っ込まれそうになり、危うく事故りそうにもなりましたが、隣に同乗していた私が通う教習所の姉ちゃんが、私に非がないことを大抗議してくれた甲斐もあってか、事なきを得、合格。

鼻血。

鼻血が噴出しそうになるくらい嬉しかったッスよ。マジで。

苦節1年、実質8ヶ月。本気でグレてやろうかと(?)思うくらいツライ時もありましたが、どうにか収得いたしましたですよ~。もぉ、泣いちゃいますから~。色々なことあったし--。と帰り際に、同乗した姉ちゃんと話しとりました。そして「私が一番収得までに日数が掛かった生徒なんじゃない?」と聞くと、「7年経ってもまだ取れないのがいるわよ。アンタなんてまだまだよ」とは姉ちゃん。

な、七年?

なんでも、なんやかんやと来たり来なかったりな人で、気づくと七年経った今でもいまだ収得に至らずなんだそうな。。(汗)

イタリアで運転免許、取るなら早めに取っておいた方がいいです。年々、コストは上がってきているようですし、外国人向けの学科にあたる口答試験は廃止されたりと、状況は厳しくなってきているようですから。でも一番は、母国ニッポンで取るのが日本人なら最良の方法であるなぁ。とは、ホトホト苦労した私の感想であります。でもイタリア語、イタリア方式に自信のある方は、イタリアで取ってみるのもオツかもですね。デキル人は、コストもかなり低く抑えて免許取れますから。

と、日本で収得した免許は、イタリアで書き換え可能です。でもこれには、イタリアにある日本総領事館なり大使館なりを通すことになるのですが、私が聞いたある一例では、この領事館だったか、大使館が許可を出さず、やむを得ずイタリアで最初から取り直した。という話しも聞いたことがありますね。なもんで、書き換えを考えてる方、要確認だす。

他には、国際免許なる簡単なものもありますが、長くこちらへいらっしゃる方は、やっぱ書き換えが便利かしらん。と思われますですよ。国際免許、一年有効(でしたッケ?)で結構なお値段がかかりますからねぇ。

あぁ、それにしてもそれにしても、取っちゃいましたから~♪

でも、次回の引越し先は街中になる予定。あんまり車のいらないトコなんすよね。。
[PR]
by zefiro04 | 2007-01-29 19:35 | ほんの日常
イタリアで免許収得5
昨年末で、折角イイ感じで教えてもらっていた教習所教師歴50年のジイちゃん先生が去って行きました。

ひとりでしゃべりっぱなし、必ず同業の奥さんといつも同じ喫茶店にて、生徒を車の中に残しコーヒータイムな人ではありましたが、おもろいジイさんで、和気藹々と習うことができましたです。なので、残念。

このジイちゃん、かつては教習所を別々の時期にではありますが、3軒経営していたことがあるそうです。立ち行かなくなって売っては他の教習所の先生になって雇ってもらうという50年だったそうな。こういうジイちゃん先生のような、かつて経営者、今雇われ、そしてまた経営者ぐるぐるぐるというのは、結構あることみたいです。

それにしてもこのジイちゃん先生、よくしゃべるんですわ。そんな話の中で、かつてのイタリアにおける外国人免許収得モノガタリを語ってくれました。

あるとき、ジイちゃんが経営してた教習所にアフリカ人がきたそうな。来たはいいが、イタ語全然ダメだったそうで、学科、どうするよ。ってことで、ジイちゃん、「俺がフランス語できるから、試験官の言うのを訳してさ。って、コイツがまた分かってネーからデタラメ答えるわけよ。それを俺がこいつらが言ったってことで合ってる答えを試験官に言うって寸法よ。モチ、合格」と豪快な笑いとともに語っていただきました。でもこの通訳ってのは、本当は裁判所だかが認めた人でなきゃダメなところを、「俺と所長はよ、マブダチだからオッケーなわけよ」と、両手の人差し指同士をくっつけるジェスチャーをし、がははははと笑っておりました。

。。。いいんですかぁああ。。でもちょっと羨ましいカモ。。。。

そして、「滞在許可書がないと、実技受けられネーだろ。でよ、実技のテストが来週だってのによ、滞在許可書の更新申請中ってゆー外国人がいたのよ。そんなんマトモに待ってたら、何ヶ月も待つじゃね-か。でよ、俺が警察に行って署長に会ってよ、滞在許可書の更新頼むぜ。って一言よ。5分で終わり。だってよ、署長とはマブだからよ。がはははは」と、また両手の人差し指同士をくっつけるジェスチャーをしておりました。。

あ、アリ??

残念ながら、これらはまだ外国人が殆どいなかった時代のことだそうっス。外国人のための免許収得システムがまだまだできてなかった頃のことだすな。ちなみに、ジイちゃんとマブだった警察署長さんもすでに退職してるそうな。そんなことを語るジイちゃん、遠い目をしてましたわ。イイ時代(?)だったんでしょうな。

で、現在。以前はこういうこともバシバシできてたようですが、ここに来て、外国人が免許をとるのは難しくなってきてるようであります。

昨年から施行されている、外国人のための学科試験では、口頭試験が廃され、すべてクイズ形式になりましたです(まだ全土には行き渡ってないようですが、近い将来は全土で施行されるそうっす)。これ、英・独・仏・西・中・アラビア語に訳されたクイズです。もちろん、伊語でも受験可能。日本語はもちろんナシ(受験者数、少ないからね)。でもですね、折角母国語で受けられる外国人たち、なぜだか軒並み皆落ちているそう。

訳、間違ってるんじゃないの?」とは、相方。

ありえますね。ココ、イタリアだし(笑)

イタリア、相変わらずではありますが、表面的&部分的(?)には厳しく(いや、やっとどうにかしようと手をつけ始めたってだけか?)なってきてもいるようです。でも滞在許可証が取り易くなってみたりと、緩い部分と厳しい部分がなんだかアンバランスだなぁ。と感じることもしばしばですけどね。政治経済にほとほと弱い私ですが、薄っすら感じてもみたり。。ホントのとこ、どうなんでしょうね。
[PR]
by zefiro04 | 2007-01-16 21:39 | ほんの日常
賃貸、探してマス
ド年末に、購入予定だった家をキャンセルしたため、賃貸探しに奔走中であります。

相方の友達の建築家によると、売り手の提示してきた値引き金額の少なくとも倍は引いてもらわにゃ割り合わんよ。と言われたの+共有の庭の駐車権利の話し合いで、他にも違法改造しているうちが発覚。ここも合法にせにゃ役場まで持って行けないってことなどなどなど。。(汗)。。で断腸の思いでキャンセル。

このキャンセルでも揉めたんですが、お義母さまが独自に公証人に頼んで作ってくれた契約書が功を奏し、難なくキャンセルできましたです。。それにしても残念無念ですわ。。そしてこの売り手の家族どうすんだろなぁ。。借金で首まわらなくなってたみたいだし。。と人のこと心配する間もなく年末から賃貸探しに奔走しとります。

実は、今住んでいるアパートを2月には引き払う契約になってるんスよ。

ひょえ~~~

法律によるとですね、出て行く半年前には大家に知らせにゃならんのですね。で、当初の予定では、購入して昨年の12月には引越せてるはずだったんですわよ。家はダメになったけど、こっちの方の契約は生きてるんだすな。ここの大家には、ねこもらったりと関係は良好なんで、多少の延長は可と思われますが、「もお、ココいいっすわ。グッタリ」ってことで、期限内に脱出するべく、ただ今、チマナコで探しております。

でもって、またもフリーペーパーやらネットやらで探してみるも、売買に比べ、賃貸情報ってのはガクンと少なくなるんですな。不動産屋のおっちゃんが言うところによると、「賃貸よりも、売る方が利益は多いし、トラブルも少ないからね」とのこと。

まぁ、気持ちは分かるんスけど。。。そりゃねーよー(涙)

なんて叫び泣き、雄叫びながら探しております。でもですね、賃貸だけを扱った不動産屋なんてのもあるんですよ。チェーン店なんですが、その名も゛賃貸ダケ゛。分かりやすー。あとネットで同居人募集の広告だけを扱ったサイトも発見。募集かけている年齢層も広いんすよね、私が見たときは、10代後半~40代までの広告主がいましたね。40代くらいの広告見ると、「海外だなや」とか感じちゃいます。日本だと中々見かけないスよね。でもこれからイタリアくる人なんかは、こういうサイトで同居人探してみるのもよいかもね。イタ語の勉強にもなるし。

※当たり前っすけど、ネットなんでくれぐれもご注意を。と、このサイトアドレス忘れたので、興味のある方はご自分でググッてみてくらさいな。

あぁぁああ、そんな寄り道サイトを楽しんでるヒマなぞないのよぉおお

と、腰据えて探してみてるんですが、中々ないのよ。条件に合ったのが。

我らの探すのは、家具付きで私にとっても相方にとっても便の良い場所。そして気狂いちゃんたちのいないトコ。

私にとっては、この気狂いちゃんたちのいないトコ。はとても重要なんであります(そんなこと言ってもこればっかりは、クジみたいなもんスけどね。。)。相方ともども知人、友人、同僚などなどに「ココはやめとケ」なんて地域を聞いてみたりと、ちょっと神経使ってみてマス。相方の同僚の中には、「アパート3つ持ってて、今コモの駅の近くに空き部屋あるからどお?」とか涎出そうなありがたいお申し出をいただいたりもしましたが、コモじゃダメなのよ~。もったいないけど~。と、幸運がやって来ても微妙にミスマッチになってしまうプチ不幸に涙してみたり。。そんなモロモロのお勧めの中に、「スイス、いらっしゃいよ~」ってのもありましたです。

なんでもスイスってとこは、随分とコントロールされてる国らしいっすよ。例えば、日曜には草刈機の音がうるさく住民に迷惑だから禁止とか。イタリア、そんなことおかまいなしですからねぇ。それと、我が家の周りの住人のように、外で怒鳴り散らそうものなら、即、ケーサツ。ってなとこらしいです。「だから、そんな人間はすぐにブタ箱行きだから大丈夫よ~。スイス、住みやすいからいらっしゃいよ~」なのだそうです。ってことはですね、もしうちの地域にスイスの法が適用されたら、まず私の周り、ほとんど居なくなっちゃいますよ~。って、国変われば、私の周り、プチ犯罪歴ありさんたちばっかってこと~?!うぇ---、泣いてもいいですかぁああーー(涙)

すいません、マイナス思考へ爆走しっぱなしになっちゃいそうなので、この辺でやめときマス。。

とりあえず、スイス移住なぞなぞも含め相方と話し合った結果、今はイタリアでってことになり、今週中に目星つかなかったら、相方が忙しくて不動産めぐりできない代わりにお義母さまが出張ってくることになりましたです。。(泣)

ってなことで、ただ今チマナコしとります。

でもそんなこちとらの真剣さとは裏腹に、年始早々の一発目からまたもすっぽかされました。不動産屋に。。

現地で待つも誰も来ず。不動産屋に電話したら、「あっ、忘れてました」とあっさり一言。不動産屋にすっぽかされるの、これで3、4度目なんですよね。。

スゲー国ですわ、イタリア。

呆れるというか、感心しますわ、ほんと。こんなままだったら、いつまでたっても発展しませんわよ~。って、そんなのどうでも良いんだな、イタリア人。

なんだか最近、ちょっとタッカン(?)してきてるというか、もぉドーデモよいっすわ。な自分がこわかったりもしますです。今年の干支はイノシシ。猪突猛進でメイワクイタ人ちゃんたちを蹴散らして行けたら。。(夢?)と、切に願っております。

ではでは、本年もよろしゅうに。
[PR]
by zefiro04 | 2007-01-09 02:49 | 隣人と不動産
インターナショナルです。
年末から家問題が急展開で相方ともどもグッタリしとりましたが、グッタリばかりしててもねぇ。ってのもあり、元旦は相方タクシーで一時帰国してるイタ友のところへ遊びに行って参りましたです。

友、いっつも海外勤務で飛び回っていてイタ国内には居ないのですが、北イタリア某所に小さなアパートを購入し、一時帰国中。なもんで、新居拝見がてらの訪問であります。内装は友のデザイン。さすが建築家ちゃんです。コンパクトですっきり、使い勝手も抜群の無駄のないデザインになってました。彼女の家を見て、何もないアパートやちょこっとアバラ屋買って、友なぞに内装頼んじゃったりしても良いかも。と妄想が膨らんじまいましたです。

そしてこの日は、イタ友と共通の友でもあるやっぱり海外勤務の日本人の建築家ちゃんも休暇がてらイタリアに来ていたので一緒にまったりでありました。彼女も他国にてバリバリ働いているオナゴでありまして、ただ今彼女デザインのゴーカホテルが建設中。なぁんて骨太なオナゴなのであります。ときに過酷な環境下でもものともせず、外国語で他国人たちと渡りあって働いている姿には頭さがりますですね。海外住まいとはゆえ、ただケツコンしてノホホン主婦してる私とは大違いな友らですな。そんな友らには゛インターナショナル゛なぁんて言葉がよく似合いますです。

そして友らと話しているとき、゛インターナショナル゛や海外でやってける人。ってのに話しが及びましたです。友曰く、「゛インターナショナル゛な人ほど、海外ではやって行きにくいと思うよ」とのこと。彼女がここで言うインターナショナルってのは、海外への憧れや興味は非常に強いけど、母国に関しての知識(あっ、私やばいなぁ。。(汗))や想いは薄く「おぬし、ナニ人?」ってな人であります(もちろん、本来のインターナショナルの意味じゃないですね。友達間でのちょっと゛アソビ゛入って使ってマス)

やっぱり゛母国゛ってのがないと、外国行って外国人と対したとき、受け入れられないとは言わないけど、その中にはいって゛自分゛を保ち続けてやって行くのは大変だと思うなぁ。う~ん、上手く言えないけどそう思うなぁ」とのこと。彼女自身が外国で他民族入り混じる中で仕事して思うことなんでありましょね。

アイデンティティーなんていうとなんか格好良いっすけど、なんというか、オノレのデドコロというか、そういうところを認識というかガツッと根がはってないというか。。上手く言えませんが、そういうのが無い人は海外や他民族の中に入ったとき、ザブ~ンと呑まれちゃうんじゃないでしょかね。

今のアタシはアタシじゃないと思うのぉ。もっと何かあるんじゃないかって」とか、「海外在住してるアタシって。すごく変わってて、人と違うしぃ。インターナショナルゥ♪」なんて、オメデタイこと考えちゃってるアナタさま、そこに居るのがアナタなんで、自分さがしなんてしなくても大丈夫っすよ~。そして海外に住んでるだけで人と変わってるってこともないですし、インターナショナルって。。(汗)。。おぉおお~イ!!

すいません、新年早々ぬぉおおとなってしまいました。。

『インターナショナル』広辞苑には①国際間の。国際的。万国の。とありますです。ちなみに『国際的』で引くと、諸国家に関係を有するさま。インターナショナルとありますね。

諸国家に関係を有する。ですか。。でも結局何と関係するにも、その大元になる自分と母国という要ががっちりないとやっぱり難しい気がします。なんというか、例えば自分嫌いな人が他人との良好な関係を築きにくかったり、他人を愛するのが難しいなんてよく言われているのに近い気がしますです。

そうそう、今回お邪魔したイタ友に、イタリアに戻ってこないのぉ。と聞くと、「イタリア、戻ってきたくても仕事がね。。」と今後の海外勤務予定を言うとりました。彼女の場合は、母国で自分の能力や賃金に見合った仕事が見つからないため、致し方なく゛インターナショナル゛してるんでありますね。このついでに、「イタリア人のインテリの多くが海外へ出るか、出てくこと考えてる気がするんだけど。。大丈夫なのぉ、イタリア?」と聞くと、「う~ん。。そうだね、どうなってくんだろねぇ。。」とシブイ顔してましたですね。

アパートも買ったことだし、そろそろインターナショナルやめたい雰囲気漂う友ですが、友の母国は就職難なお国ですからね。。そしたら相方、「ボクも数年後に゛海外゛考え始めてるんだよね。。」とボソッと一言。友らとともに、「ウゲ---。あんたも海外なのぉぉおお。ってもうすでに海外勤務してるしっ」と大いにツッコミ、またも人生のハランを予感しつつ。。でも今はそんなこと考えてもシャーナイわっ。とばかり、大いに食べ、騒いだ年明けでありました。

あぁ、今年こそは良い年になりますように。
[PR]
by zefiro04 | 2007-01-03 03:01 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング