伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
隣人たち15 《引越し・後編》-それぞれの今後
隔離されてはみたものの、まだまだ引越し半ばだったため、いつまでも新居にいっぱなしとはいかなかったわけであります。相方が様子みて、大丈夫そうってのを見計らって相方と一緒に家に帰りここで数日を過ごすことになるのですが。。

戻ってみたら、廊下の電気が使えなくなっとりました。。(汗)

階下の母娘、共有の廊下の電気のブレーカー下ろして使えないようにしてしまったのであります。私ら、このブレーカーがどこにあるか分からんのですわ。ということで、夜は真っ暗闇。相方、この時期は激忙しくて帰宅後ちょこっとづつ荷物を運び出してたんですね。って、普通乗用車に乗る荷物なんてたかが知れてるので、ほんとにちょこっとづつですよ。やっぱり暗闇の中、2階から荷物をちょこっととはいえ運びだすのはキケンでございます。いい加減、さすがの相方も、廊下の電気を使えなくしてしまった母娘にキレてしまったのであります。

で、私のトコへ来て、「今から、キャツラの家のブレーカーを落としてやろうと思う。もういい加減頭にきたよ。このぐらいのフクシュウは許されると思う」というので、「でもさ、キャツラん家のブレーカーって、うちのの隣にあるじゃん。もしうちの仕業だって分かったら、うちのブレーカーも落とされるんじゃない?そしたら、下の家の前通ってブレーカー上げに行かなきゃなんないじゃん。それ、キケン」と言うと、「そう、それなのよ。そんなことになったら、ゴメン。耐えてくれる?」と相方。ちょっと考えましたが、「ヤレ」と私。

はっきり言って、くだらないッス。

なんだか人間性が急降下して行くのを感じもしましたが、なんて言うのでしょうか、イタリア社会ではこういう人間の方が得をする。っていうのに、さすがにトサカに来てた我らだったのであります。あんまりにもくっだらない子供じみたことではありましたが、誰も傷つかないし、損も出ない。ってことで、決行することに。

そして、決行。

笑いました。

階下の家からは、娘、へなちょこ彼氏、ハハが出てきて数分間ワラワラしとりましたです(笑)

で、終わり。

まぁ、私たちのできることってこのぐらいでございます。小市民だね。

この階下との母娘との関係はこれで終わり。

引越し前に郵便受けを見たら、彼女らのポストに彼氏の名前が追加されてました。この小さい家で三人ぐらしを始めたようです。私も相方ともども新居にて新しい生活を始めましたが、彼らもまたこの春から新しい生活が始まるようです。

春、ですね。
[PR]
by zefiro04 | 2007-04-30 17:04 | 隣人と不動産
家とジンセイ
相方が、「たまたま彼に会ったらさ、またお金の話しばっかしてたよ」と、知り合いの話しをしとりましたです。

この彼、ケツコンして、アパート買って子供も産まれたりと幸せそうではありますが、内情は中々キビシーみたいですね。話す話題は大抵金銭絡み。

私、不思議なんスけど、なんでイタ人って無理して(るよ-に見えマス)までも家を買わにゃならんのでしょ-か。

この相方の友のお給料がいくらかは知りませんが、イタリア国内でフツーに働いているので、大してもらえてないと思われマス。イタリア人の平均月収は、激安です。物価は近隣諸国と大して変わらんってのに、入ってくる額はトホホってのがフツー。だから共働きは当たり前。共働きしないとやってけないのが実情ってのもよくある話しでございます。

私が通ってた教習所の姉ちゃん、おととしだかの一ヶ月の給料が800ユーロだったそうな(涙)。経営者にしてこの給料はないわよ---。と怒っておりました。なんでも、利益の約半分を税金に持って行かれるそうで。。そして残った利益の中から、雇い人への給料、車の保険やガソリン代などなどの諸経費をさっぴいてやっとこさ手元に残った金額がコレ。ただ今、こんな割に合わねー仕事に見切りをつけるべく、教習所売却に向けて動いているそうです。

もちろん、タンマ~リもらえる職種もありますが、一般的には平均月収激安みたいです。なもんで、デキルイタ人の多くは祖国に見切りをつけ、海外脱出ってのもよく聞く話しなのですね。私の海外脱出組のデキル友も、「イタリアに帰ってきたくても、帰れないわよ。自分に見合った仕事(給料)ないし」なんてグチっとりましたです。たまたまうちの地域はスイスに近いため、祖国を離れずとも、イタリアに住みながらスイスフランで稼いでくるイタ人たちがもたらす外貨によって、そこそこ裕福な土地としても知られているそうだす。一方、このイタリアに近いスイスの地域では、「イタリアが近いがために、平均月収が下がる~。むっか~」なんて声もあるそうな。皮肉ですな。

で、話し戻って家。

私たちが家を買うのに見てまわっていたとき、ローン組んだはいいけど、やっぱ自分の給料じゃ無理。だから売るしかなし。なんてのもいくつかあったんでございますね。もちろん日本にもこういったケースは山ほどあるんでしょうけど、私が見聞きする限りのイタリアの状況のソレは、日本のソレとはちょっと違う気がするんであります。なんつぅのでしょうか、「金はナイ。苦しい。でも家ってもんは買わねばならぬもの。なにはともあれ、買わねばならんのジャ---

家という亡霊に憑かれてるんスか? と感じたこともしばしばだったのでございます。

そりゃ、買えるに越したことないんスけど、買う→ローン組む→安い給料の中からローン分を引かれる→手元に残った金はスズメの涙→生きるってナンだろう?

考えすぎでしょか。。しかも余計なお世話? スイマセン。。

昔はさ、家って買うのが今ほど難しくなかったんだよ。だから買う。そして買値よりも高く売る。投資のつもりもあるわけ。でも現況は違うでしょ。昔と違うんだよ。家賃も毎年オートマティックに上がって行くけど、家の値段も毎年上がって行く。でも月収の上がり具合はさほどでもないんだよね(笑)。フツーの平均的な月収のイタリア人には中々買えないよね。でも買う。昔と状況は変わってるってのに、イタリア人の不動産信仰は変わってないんだよ。じゃ、どうなる?もちろん、やってけないよね~」とは相方。

しかも、みんな買った値段よりも高値で売るのが普通だから、買っては買値よりも高く売る。そしてまた買った人がその買値よりも高値で売る。でも今度は売れなくなるでしょ。高すぎて。そのうち、価格が暴落するってのもあるかもよ(笑)。しないかもしれない。でもするかもしれない。まぁ、しばらく様子みてみましょ」」なんて相方はヒョウヒョウと言うとりましたです。実は、うちが借りてる部屋も最初は売るつもりだったそうですが、大家が゛ウゲッ゛ってな値段を提示していたため、誰も手が出ず仕方なく貸すことにしたそうな。

相方は、長いこと今のとこを借り続けることは無意味だとは思うけど、自分たちが将来どうして行くのか、どういった形態で、どこに住むのがお互いのために一番良いのかなどなどをしっかり決めるためにしばらくはここに住みましょ。それからまた家探しするかどうか決めましょうかね。なんて話しとりましたです。

まぁ、今回は色々ありましたが、買わなくて良かったのかもしれません(と思うことにしました(笑))

そして、家ってのは大事なもんではありますが、生活を圧迫、逼迫してまで買い求める価値があるものなのかは。。。ナゾっすね。
[PR]
by zefiro04 | 2007-04-26 02:02 | 隣人と不動産
隣人たち14 《引越し・前編》
夜、引越しの荷物を相方と運んでいたときです。

捨てられた
どこかに預けられていたと思われる階下のハハがおっそろしく不気味な顔に似合わずファンシーなパステルカラーの羊のアップリケが付いたパジャマで飛び出して来ました。

デンキケセ

まただよ。。。

廊下の共有の電気を付けたのを、消せと言うのであります。付けて消されるまでほんの数秒のことであります。この微々たる電気代をネコババするために発揮されるハハの敏捷性に驚きつつも、積年のウラミツラミもあってか私、言っちゃいましたから。

ヤダネ

もちろんオババ、引きません。

誰が電気代払っとんのじゃ---!!!」と怒鳴るので、「大家が払っとんのじゃ---!!!!!」と怒鳴り返しましたから、私。

私、声には相当つぎ込んでますからね。こんな強欲オババの贅肉から搾り出したぐらいの怒鳴りになぞ負けませんわよ。

ということで、この嘘に対抗すべく更に続けました。「ハッキリしようじゃないの。今すぐ大家に電話しなさいよ。いつもすぐに嘘こくために電話してんでしょ。さぁ、電話しなさいな」と私。

で、電話番号分からないし。。」とオババ、いきなり引き気味。

ハッ、いつもソッコ-嘘こくために電話してるのに、電話番号が分からない?よく言うわよ。番号忘れたんじゃなくて、電話できないんでしょ。だって、廊下の電気代払ってんの、大家だもんね---」と言うと、「ア、アンタね、廊下の掃除しないでしょっ。だから大家婦人が掃除してんのよっ!!」と全く意味ナシな返答。「うちはね、廊下の掃除代もすべて払ってんのよっ。大家に手伝うか聞いたときもやらなくていいって言われてんの!!アンタんとこは、掃除代どころか家賃も払らえなくて、ウチに払えだ--?ウチが廊下の電気をつけっぱなしにしてるってぇ?アンタがいつも見張ってて、付けっぱなしどころか付けることもママならないじゃないのよっ!!!!アンタたちのしてることはサギなのっ、犯罪なのっ!!!金がないなら、働きなさいよっ!!サギること考えるな---!!!自分たちのしてることが、サギだってことも分からないわけ?それって誰も教えてくれなかったんでしょ。教育レベル低すぎ--!!!」。やや支離滅裂気味ではありましたが、まくしたてました。

そこへ、相方が騒動を聞きつけて駆け込んできましたです。

共有の廊下の電気を数分間使わせてくれと、礼を持って聞いてるんですよ。どうしてそれがイケナイっていうんですか?」とこれは相方。

ヤダネ。ウチが払ってんだ」とまたも言うかのオババに、相方の制止を「ドカンかいっ!!」と振り切り、「まだ言うかっ!!ここを払ってんのは大家だっ!!!」に始まり、レストランのコックがこの母娘のせいで辞めていったこと(まだ書いてないんスけど、すんごい戦いがあったんですね~)や、ご近所連がどう思っているか、そんなことをまくしたててしまいましたデス。。

そして、「人んち覗いたり、待ち伏せしたりもやめれ---!!」と我、絶叫。

そんなことしたことないっ!!」と言うので、以前に大家婦人を待ち伏せして、大家婦人が気味悪がってオババに会わないように気を使っていたことを言うと、サッと顔色を変え、家ん中に引っ込んでしまいましたです。
 
どうやら、自分たちがやっていることは、世間様に受け入れられているフツーのことと思っていたみたいです。大家婦人たち、蔭では随分言ったりしますけどね、利害が絡むことでも直接言わなかったりするんですよね。ヘンに保身なんだよなぁ。

ということで、積年のおもいをブツけてしまいましたから。

も~う、あとちょっとなんだからさぁ。それに君の声、デカすぎ~」とドッと疲れている相方尻目に、「あんなもんじゃ足りないわよ。言い足りんわいっ」と鼻息荒く興奮さめやらずな私でありました。

ナニヤッテンダロ。

なんて気もしましたが、言わずには終われませんでしたね。あぁ、俗ブツ。

そして相方、「ボク、明日も仕事だからさぁ。君をひとりで家に置いとけないよ~。あいつら狂ってるからさぁ。。」に、「あんなミシュラン体型肥満の40代娘、ヘナチョコ無職彼氏と肥満オババなんぞに負けるもんかいっ!!」と握りこぶしで相方にパンチする私に、「も~ぅ、やめてよぉ。あれでもあっちは三人だしさぁ。とりあえず、新しい家で寝て」とまだガスはないわ、電気も一部しか使えないわでクソ寒い新居に隔離されてしまったのであります。

引越し完了まで秒読み段階でございましたが、まだまだこのままでは済まない予感、でございました。

                                             つづく
[PR]
by zefiro04 | 2007-04-23 18:10 | 隣人と不動産
引っ越せました。
b0050003_874712.jpg


引っ越せました。
[PR]
by zefiro04 | 2007-04-22 08:14 | ほんのお知らせ


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング