伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
世界のトアル部分
最近、エラク忙しくしてました。

一日8時間、2週間のイタ語コースに通いながら、相変わらず日本語教えたり歌やったりエトセトラな日々だったのでっす。

このイタ語コース、フタを開けてみたらレベルはバラバラで、メチャクチャ話せる人もいれば文盲に近い人もいたりという中での授業。内訳は、ネパール3人、ルーマニア2人、アルバニア2人に日本人は私だけの8人で、全員主婦。

サンスクリット語で読み書きするネパール人にはアルファベットの羅列は難しいらしく苦戦。それに対して、ネオラティーノとも言われる言語を母国語に持つルーマニア人はベラベラ。3年半もイタリアにいるも、家でヒキコモリしてた主婦のアルバニア人はかなぁり怪しいレベル。普通、アルバニア人はイタ語の習得が早いと言われるのでこの出来なさから、どんな3年半だったか知れようってもんです。

一日8時間だったのですが、こんなバラバラレベルにして、ルーマニア人の空気の読めないひとり語りに嫌気がさし、やることもあるしでサボリ専門の日本人の私でしたが、サボると電話かかってきたり、理由を聞かれるたび空セキしたりでエラク丈夫そうなのにいつも体調悪い日本人するのにも疲れ、出れるだけ出てたんでございます。

ガンバッタよ、私。。と自画自賛

いやぁ、それにしても久々にすごかったですよ。。

ルーマニアちゃん、23歳妊婦。ダンナは18歳年上、彼女語るところ激給料の良いイタリア人。先月の給料は2700ユーロだったそうです。

って、誰も聞いてないのに、ひとりでこんなことを一日最低一時間以上も語り続けるわけです。。(汗)+何を食べたら吐き気がするか、妊婦の大変さも誰も聞いてないのにひとり語り続けるわけです。。(大汗)

それを腕組みして聞く振りもせず眠りこけてる私。。

言われました、ルーマニア妊婦ちゃんに「アンタ、聞き役なワケ ?

スミマセン、そんな自慢大会に参加できません。いや、マジ勘弁。ってこと言うのもなんなので、「あぁあああ ?!」と思わず唸ってしまいましたです。日本人の友に語り物まねしてみせたら、「マジ、こわいからぁ~」と言われたので、相当なインパクトは残せたと思います。

そしてネパちゃんたちには、初対面でイキナリ、「ダンナ、イタリアジン ?」と聞くので、そうだ。と答えると、「キュウリョウイクラ ?」と、まじでダイレクット。

参りました。。

ある日は、アルバニア人のひきこもり姉さま、突然授業中に「先生、私の結婚式の写真持ってきていいですかぁあ ?」で、持ってきたと思ったら、スンゴイ量でひとりひとりにアルバム渡され、強制観賞。見終わるまでに1時間半。

拷問、です。。

その上、ルーマニアの妊婦ちゃん、これに触発されダンナに電話、会社帰りに自分の結婚式のアルバム持ってくるように指示。

持って、きましたよ。。

真っ赤なアタッシュケースに入ったアルバムをドンと先生の前の机に置き、「授業、終わりましょ。だってアルバム見なきゃいけないでしょ

。。。。

お暇させていただきました。。

そんなこんなな2週間でした。。

ちなみに相方に、「私が電話したらアルバム持ってきてくれるぅ?」に、「即、電話きるから」と一言。

愛、足らんのですかねぇ。。

話変わって、まだ中学生の私の日本語の生徒が、「英語を勉強し始めたから、もしかしたらあんまり来れなくなるかもしれない」ってな話しから、「今のイタリアは終わってて将来ないから、海外出ないとどうしようもない。日本語は好きだから続けたいけど、まずは英語をかためなきゃイケナイと思う」とのこと。

オヌシ、エライッ !!日本語は好きなとき、息抜きでおいで。まずは英語をおやり~。でもさ、デキルイタリア人がイタリアを出てって、移民がバンバン入ってくるって。。どうなっちゃうのイタリア ?」に、「イタリアに将来、ないから」だそうで。。

先日、政府が倒れたので、政策もまた大きく変わるのかも。なんても思いますが、良い方に大きく変わること、はないんだろうなぁ。。なんても思います。

イタリアは、本当に素晴らしいものを持っていたけど、それが殆ど腐ってしまってるのよ。イタリアにいたら将来はないわ。だから息子は海外に出すつもり」とは、先の中学生のお母さまのお言葉。

何が、悪いんでしょうねぇ。。

と、ドーデモいいんですが、ルーマニア妊婦ちゃんが、「暑いっ!!」ってことで、教室の暖房は消され、ドアは開けられて、私も含め数人がコート着ながら授業受けてました。そのせいか、私、風邪ひいちゃいましたよ。

一体、この2週間はなんだったんダーー

と、鼻水垂らしながら考えてみてマス。多分、゛世界゛のトアル部分を見てたのかもなぁ。。とそんな気がしてもみたりです。
[PR]
by zefiro04 | 2008-01-30 03:10 | ほんの日常
外見と中身
イタリアに来て、自分が変わったなぁ。と思うことは、老人の方々に対する目が厳しくなったことでしょか。

日本人でコチラ在住の友達とバスに乗っていたら、老人の方が立っているのに席を譲らない人々のことを嘆いていましたデス。

えぇ、私も譲りません。。

って、日本では譲っていましたが、イタリアに来て中年&老人の方々の「口、あんぐりしちゃいましたヨ」な行動や態度を見るにつけ、お元気であらっしゃられるのね&゛老人゛というのは、有利なポジションを得るための手段として活用しまくるベシ。と思われてるらしい方々との遭遇率がエラク高かったので、イタリアにやられっぱなしの弱者な私が席なぞ譲る必要はなかろう。との判断からでございます。

もちろん、そうではない方もいらっしゃいますが、そんなん見分けられる能力もない&嫌な目に会いすぎタ。ってのもあり、一緒くたにさせていただいてマス。

階下の親子のバーサンしかり、割り込みしまくりのバーサンしかり、ともすればオサワリ希望のジーサンしかり。。

まったくもって、皆様オゲンキッ!

割り込みなんてのはヒドクてですねぇ、10分以上もレジに並ぶやや大型アジア人の私の前に割り込まれ、「ちょっとスミマセン。。」などとシトヤカ(?)に言おうもんなら、「アンタ、居なかったじゃない!!なに割り込んでんのヨッ!!!」ですと。。

鼻血、出そうになりましたわよ。。

でもって、「ずぅーーーっと、並んでましたから」と言うと、「このコ、居なかったわよねっ?!」と後ろに並んでる人たちに大声で、同意求めてました。。

居たよ

と後ろに並んでた兄ちゃんたちの一言に、「ア、アタシは見なかったわよっ」と食下がられるので、今度は低い声で「あたしゃあ、幽霊ですかい?」とこれ以上タワゴト言われないように、懐かしの゛仁義なき戦い゛ブンタ風を気取って引き下がっていただいたり。。

って、こんなネタ、まだあるんッスよぉおおお。。(泣)

イタリア人って、服装とか外見でその人となりをはかれないとこあるんでございます。なもんで、スンゲー上品そうなのに、「マ、マジッすかぁああ?」な行動をする(一見)上流婦人なんかも見かけることしばしば。。

もちイイ人も中にはいるんですが、非常に申し訳ないんですが、強烈な方々の強烈度があまりにも強いため、ヒッジョーに残念ながら見知らぬご老人の方にはできるだけ近づかないよう、関わらないよう日夜勤めさせていただいてる次第。。

なんか、人間スサんでますよねぇ。。

でもですねっ。。君子、アヤウキに近よらず(でしたッケ?)、なんて言葉もあることですし。。

とは言ってもですね、良い意味で服装&外見に裏切られることもあったりします。

大方のイタリア人は見栄っぱりちゅうか、なんちゅうか趣味の程度はさて置いて、かなり゛他人の目゛を気にかけている民族で、中年から老人は毛皮とかアクセジャラジャラ金ぴかピーンでカネモッテル風や、上品風、もしくは、その昔の゛じゅりあなとうきょう゛ですか?(えっ、知らない?(汗))+それ以外。ってな気がしますが、若者や移民ちゃんたちは、「な、なにソレ。。近寄りがたし」という第一印象でも、手を差し伸べてくれることもあったりしたので、人って、見かけじゃ分からんのねぇ。。と今更ながらに実感することシバシ。な体験も多数なのでございます。

モヒカンの兄ちゃんに「このコが先だったから」と割り込みされそな私に一言添えてもらったり、ワケ分からん金ピカアクセのバーサマにワケ分からず怒鳴り散らされてる私に、「彼女が正しいから」とスーパー巨漢のネルシャツに髪ボサボサの姉ちゃんに助けてもらったり。。

どちらかというと、外見でともすれば悪い方に判断されてしまいがちな私でございますので、人って見かけじゃないのよ~。は日本にいるときからのココロの叫びではありますが、いやはやイタリアは本当に外見じゃ、分からないですね。

まぁ、面白いっちゃおもしろいんですけど

話戻って、個人的裏切られ率では、老人の方々は悪い方に大きく傾き、若者や移民ちゃんたちには結構イイ方に裏切られてる率の方が高いんですよねぇ。たまたまですかね。もしかして若者も年取ったら、゛中身゛ひねくれちゃう人多いのかしらん。。

って、なんで年とってそんなんなっちゃうのヨっ?

イタリアの世知からさのせいかしらんねぇ。と実はちょっと同情入ってもみたり。。じゃあ、私もそうなっちゃう率高いのカモ?いや、もうなってる?!

ひぇええ~

ということで、相方に気合入れて日本語仕込んでみてマス
[PR]
by zefiro04 | 2008-01-21 08:47 | ひと
明けちゃっておめでとーございまっす
誰ともなく叫んでしまいたい気分でございます。なんていうか、「明けちゃったヨ。また一年ダラダラと過ごしちゃたんだなぁ。。」と年明け早々、昨年へのダメ出し&またダラダラ行きそうな予感にぐったりです。

ということで、今年も例年と同じく、とりあえず゛今年こそはやるぜい゛なんてことを相方や友達と語ったりしてみましたが、私のことですからなぁ。。なはは

そうそう、クリスマスは楽しく過ごしてしまいました。

相方のご実家へは行かず。。

イタ友の家へ泊りがけで遊びに行って参りました。

嫌がる相方を実家へ放って。。

こういった時、友のありがたさが身に沁みますねぇ。このイタ友、いつもは世界中飛び回っててイタリアに居ないことも多いんですが、丁度いたんで遊びに行って来ましたです。そこへ他国勤務の日本人友とも合流。

って、昨年の正月もこのメンバーでだらだらしてたんだよなぁ。。

と、世は着飾って盛り上がりまくっている時期に、普段は゛天晴れ、これぞコクサイハ゛な妙齢の女子ふたり、でもクリスマスはジャージ、スウェット&いつも問題ありありな主婦、それ私。なヲナゴ三人、かしましく過ごしてまりました。

えっ、アンタ達、さびしい ? 

いいんです。楽しいんデス。ったら、デッス!

なんかさぁ、「SATC」みたいじゃない ? ひとり足りないけどぉ」の私の言葉に、「やることやってないから、ちょっと違う」なんてまたもやサビシーお言葉が響いてもいましたが、このドラマに負けず劣らずの本音爆裂で、まぁ、楽しかったです。

実は、私たち3人には共通の言語がないんですよ。私とイタ友とはイタ語で。日本人の友とはもち日本語。で、イタ友と日本人友はフラ語で会話するので。でもそれはそれでイイ感じ。

フラ語会話者たちは熱き血潮のヲンナたちなんで、街中だろがどこだろが、ところ構わず本音トークの言い合い始めたりするんですが、私は分からんので放っとけるのがイイ感じ(笑)。で時々、日本語&イタ語で「こんなコト言うのよー、アンタどお思うっ ?!!」と詰め寄られたりもしますが、まぁ、ご愛嬌でございマス。

そういえば昨年の゛会合゛のときは、相方も一緒だったんですが、友の家でたらふく食べた後は、私たち三人がかしましく三ヶ国語でギャーギャーやってるのにウンザリ( ?)したのか、ツタンカーメンスタイルで寝てました(笑)

出不精、メル不精、孤独ニストな私にも、こういった友達がいるってのはありがたいことですな。特に海外なんてとこにいて、この関係はウレシイことです。そうそう、他ヨーロッパ勤務の友達からもメルが届いてました。機会があれば、友達訪ねて行くのもいいかも。なんかちょっとサビシそうなんで(笑)

海外に散ってる友がちらほらいるのですが、皆言うことは同じ。

正月は日本、帰りテーー

今は、正月帰国を晴れて果たした友だちの帰国報告&今夜つく日本のお客人から日本のカホリをかがせてもらえる(笑)ことを期待しつつ、今年もがむばりたいと思いまふ。

今年もヨロシク&お願いっ!今年こそイイことあるあるな年にして~~ !!

と祈念しつつ、締めたいと思いまっす。

(でも今年は天中殺、なんですよね。。とほほ)
[PR]
by zefiro04 | 2008-01-04 18:45 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング