伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
お待ちしておりません
母から、「オトーさん連れてまた行くからぁ♪」とお達しがございました。

悲鳴

うちのチチ、すぐに行方不明になるんですよ。本当にフラッといなくなって、こちとらが心配して探しまくって疲れきったころにフラッと戻ってきたり。。なんて人で、前に来たときには、半泣きでチチを探しまくる日々だった思い出しかないヨ。ってなぐらい探し回ったのでありました。

なもんで、添乗員さんには気の毒ですが、ツアーで来てよ。と言うも、「ヤダ」と一言。

まぁ、仕方ありません。。親だし。。

とはいいつつも、家族と大事な友らにおいては、文句言いつつも来てくれて嬉しくありがたかったりもしますが、たまに「えっ、ドナタ?」ってな人から「イタリア行くからヨロシク」なんてのもあったりします。

マジで全然面識ない人から突然ってこともありますが、挨拶程度の関係の人からも言われたりもしますんで、軽~くこちらも流すのが常だったりしますが。。

あの人、知人の知人とかでもとにかく海外に住む人にタカって旅行しまくる人だから、軽く言われても断らなきゃあとが大変だよ」などとある人について忠告され、実際にコレデモカッと言われ続けたことがあるので、最近は挨拶がわり(?)に誰かに軽く言われても、サクッとお断りするようにしとりマス。

大抵こういうブシツケな人は、自分自身では何もできないけど、行きたいとこやりたいことは満載。現地在住日本人だったら、日本語も通じるし、無料で便利な通訳兼コーディネーターにガイドもやってもらえるしィ。。むふふ、安上がりでお得かもっ♪

なーんて心がけの方が多いようです(私の観察による考察)

イタリアってのは、イメージ良いらしいので、現地在住の知り合いがいる。ってのは、依頼心の強い人たちにとっては、かなりヤッタゼ。という感じらしく、あぁた誰?ってな方からもお声をかけていただくことのある私です。

日本では、仕事を辞めるときに私がイタリアへ行くというのを知って「イタリアでの連絡先、教えてくださ~い♪」なんてのもいました。

ヤダネ

と断るもシツコク聞くので、なんでそんなに知りたいのかを聞くと、

だってぇ、イタリアで私に何かあったらぁ、困るじゃないですかぁ」だそうで。。(汗)

もちろん、自分はアンタに何があろうと全然困らないし、何かあればローマに大使館、ミラノに領事館があるからそこへ行ケ。と親切(?)に答えたりしたものでした。

旅行者にとっての海外は非日常。普段できないアレもしたいし、コレもしたい。そんな自分のヨクボーを在住してる友達や知人に助けて(丸投げってパターンも多い気がしますが。。)もらうのは当たり前。もち、行く先々でオゴラレルのも当たり前。だって、私たち、旅行者なんですもーん♪

キッツイ、ですねぇ。。こういう人たち。。(汗)

そういや随分前に、私がイタリアの某都市の語学学校に通う。という話しを聞きつけてきた知人から、「私の友達とそっちへ私たちも行くからさ、あなたの家を拠点に観光しようってことになったの。ヨロシクー」なんて電話もございました。

えぇえっ?!! 勝手に決定??

もちろん断りましたが、こういった依頼心の強い人たちって、なんでこうコスイんでしょうかねぇ。どうやら、借りるアパートに便乗させてもらえば宿代も浮くし便利と考えたようです。

えぇ、もちろんアパート代は私持ちですよ。。(汗)

私なんかよりも年上の人&友達でもなんでもない人だったので、当時は驚いたもんでした。

そんな話しはまだまだあって、「ナンデヤネン」ってことをパリに住んでた友と語りあったこともございましたです。彼の地では、そんな「タカリですか?」なネタ満載で話しが尽きること、なかったですねぇ。。

コスイなぁ。。まったく。。

逆に、第三世界とかキケン勧告でちゃってるよな国在住の友なんかは、「案内するからさー。遊びにきてよぉおおーーー」なぁんて涙の叫びを聞くこともありますが(笑)

期待一杯の海外旅行、「ちょっとぐらいの無理(?)はOKよね~。だってぇ海外旅行だしっ

気持ちは分かりますが、その無理はお金払ってプロに任せてみてはどうでしょか。

えっ? 折角在住してる知人や友達がいるのになんでわざわざお金払ってプロに任せるのぉお?

には、現地在住者が無料で使えるナンデモヤではないからデス。とか思わず言っちゃうのは、゛それぐらいたまのことだからやってやれヨ゛な気持ちがありつつも、あんたそりゃないヨ。な体験から疲労困憊した経験があるからでしょーか。。

多分、殆どの在住者が日本からのお客さんはウレシイと思うのですよ。でもこちらの日常に影響が出たり、眉を顰める態度や要求。。これは海外であろうともイケマセンデス。

゛海外だから、これぐらいはアリだよね~゛の゛これぐらい゛を口に出す前に熟考して欲しいよなぁ。なんて思ってもみたり。。在住者は旅行者を迎えてできるだけのことは。と思ってもフツーの日常ってのがあるわけで。。2、3日ならまだしも、例えば一週間とかなってくると、さすがにべったりアシストは難しくなってきますわな、普通。

海外でフツーに常識とか人の迷惑とかに思いを馳せるのって難しいの、かなぁ。そんなことを考えてしまうほど、゛私もあります。困った旅行者ちゃんとの遭遇体験゛な話しをよく聞くのであります。

なんだか旅行シーズン到来つぅことで、゛旅行゛にまつわる話しが走馬灯のように。。って、なんで暗~くなるよなのばっか思い出すのかしらん。。

暑いからだな、きっと。

ということで、涼しい国に住む友を夏に訪ねてみようかと計画中。でも激忙しい人なので、こんなこと書いてる自分こそ迷惑にならないようにセネバ。と、思ってもみたりデス(笑)
[PR]
by zefiro04 | 2008-06-25 22:14 | そんな旅もありました


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング