伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
食の記憶
私ったら、あんまし゛食゛に興味ないんですよ。適度に旨けりゃそれでヨシ。

多分、それは。。学生時代、金喰い虫学校に通っていたせいで、゛食゛を削ってはレッスンやコンサート行ったり、楽譜買ったりなどなどで泡のようにお金が消えていたので、そのときの体験が身についてしまったせいではないか、と。。

ヴァイオリンなんかの弦楽器の友達も大変でして、「太ると洋服買い替えなきゃいけないじゃん」という理由で体型気にしてたり。「髪切れないよ。お金かかるじゃん」ということで伸ばしっぱなし。一般の華やかなる女子学生とは一線を画す理由でダイエットしてたりしたもんでした。人によっては、楽器代でローン組んでたり、結構な借金背負ってたり。なんてのがゴロゴロいましたし。。庶民が音大ってのは中々大変なのですねぇ。

※でもそんなんが音大生なんてのになると、50円のお菓子代は渋るくせに、「(ヴァイオリンの)弓が100万なんて安スギ~。ナメテンノ?」とかン千万や億の話しを平気でする金銭感覚になってしまうこともあるので、要注意。

当時の私はバイトの嵐だったので、睡眠時間は4、5時間。その間に練習、学校、アソビ少々( ?)。ということで、練習室のグランドピアノの上とかでグースカ寝てたりなんてのが日常。

食事なんか、時間なくてプライベートレッスン行くときは、人のいない路地を選んで歩きながら弁当食べてたり、友達とカップラーメン食べて練習したり。。期限切れ近くになると半額になるパンを買って友達と半分こしたり。。友達なんて、拾ったパンや飴なんかを食べてましたからね(さすがにこれは、できませんでしたなぁ。。(遠い目))

いやぁ、よくやってました。

という経験から、゛食゛の大切さは分かりますが、私の中では二の次三の次の優先順位なのであります。

そんな私が食の国、イタリア。にいても、あんまし意味がないよな気もする最近デス。

しかし、こんな私でも私的には大枚をはたいてたまに行っていた食事処もございました。それは、゛ヘン゛&゛アヤシイ゛とこ。飲み物&ふざけたオツマミ程度で1500円。でもマスターとのキンチョーした会話と突発的な演奏が聴けるトコ。とか、店の中が古くて傾いでて長くいればいるほど腰悪くなりそなトコとかとか。

そういうトコは大好きなんスよ

だもんで、ただコギレイで料理そこそこ旨し。なとこには興味なし。イタリアって、そういうアヤシゲなとこが普通に少ないんで、イタリア来てから本当に食べることとかどーでもよくなってしまった私デス。

イタリアってオイシイですけど、選択肢が少ない、アヤシサが足りない(笑)、大したサービスしてないのにサービス料強奪。というのがどーもお肌に合わなくて、友達と行く以外は食べに行きたくなかったりします(もしかしたら、うちの町が食に関してはイタリアなのに全然ダメ地域。と言われてることも関係してるのかもですが。。)

以前、あるイタリア食界で有名な人から珍しいチーズやパスタを食べさせてもらったりしたのですが、ハイ、おいしかったデスまる。で終わり。友達からも、「今、日本人が血眼で探してるのよ~、コレ」と食べさせてもらうも、ごっつぁんでした。で終わり。

おいしいけど。。やっぱナニカが足らんのよ。

学生時代のビンボーっぷりが身についてるせいか、ただオイシイだけじゃツマラン。付加価値ナイとねぇ。。な面倒くさい性分になっちゃってマス。

そして東京の下町の雑然とした雰囲気や、町をプラプラして゛な、なにココっ゛な驚き発見感も欠乏してるんだろなぁ&次の帰国がまだ未定なのもツマラン感を後押ししてるのかもデス。

それにしても懐かしくなるのって、やっぱ食に関する記憶が強いですね。意外にくいしんぼう万歳な自分を発見。イタリア、もーぅちょっと選択肢が増えてくれるといいのになぁ。。
[PR]
by zefiro04 | 2008-07-17 17:48 | ほんの日常
知ったこっちゃない。では。。ないのデス
スイスへ行く用事が増えたので、うちの街からスイスへの行き方を調べていました。

車で4~50分の目的地へ、車がないと1時間30分はかかかります。あくまでも上手く行っての時間。下手したら。。(汗)。ストされたら(しょっちゅうですから)。。お手上げ(泣)

ほんっとにドーイウことなんですかネーー。とその昔からの地元民の人と話してたら、

60年代初めまでは電車あったんだよ」で、イタリア-スイス間を約30分ほどで走っていたらしいです。

???

なんでも、その人の話によると、フィアット社が自社の車を売る目的のため、庶民の足である鉄道を廃止したそうな。

×××××(怒)

そういえば、前に住んでた家から今住んでいる中都市までバスで40分ですが、その昔は隣町(自宅から歩いて10分)の町から、電車が出てたそうです。でもって、その電車を使ってこの街までだと。。

30分、かからないと思うんですけド~~

退化、してます。。この国(汗)


よくイタリア人が使う言葉で、゛知ったこっちゃねーヨ゛というのがあるのですが、こういった精神が、住んでいるといたるところで感じられるんでございますよ。

自分には関係ないからイイ。人のことなんて知ったこっちゃねー

もちろん、そうでない部分もありますが、そうでない部分よりも、この知ったこっちゃネー精神の方が上回っている気がするのです。地元民も在住者もそこんとこ骨身に沁みてるんで、必要以上に警戒心が強くなったり、ツマランことで嫌な思いしたり。。

そういったレベルを超えて、だからこそ人には暖かくありたい。という人ももちいますが、なんてったって、上記の交通の件にしても国全体を覆う空気が゛自分さえ良ければ的゛

例えば、現大統領のベルルスコーニさんが、ある女性からの質問で、物価高などで結婚してもやってけない。に、「貧乏がいやなら、金持ちと結婚すればいい」(うろ覚え)by先進国(とりあえず。。)のトップの発言

懐かしのマリー・アントワネットさまの「パンがないならブリオッシュをお食べ」(やっぱりウロ覚え)を思い出してしまいましたです。

ご存知のように、その後フランス庶民さんたちは革命をおこし、マリーさんは断頭台の露と消えるのでありますが。。

歴史は繰り返す。なんてもいいますが、ここはイタリアですからね。そりゃないでしょうな。ベルルスコーニは再選して大統領ですしね。。

まぁ、そんな愚痴は置いといて、国の最高責任者からしてコレでございますからして、なかなかねぇ。。というのがいち庶民としての感想でございます。

そうそう、プラハとバルセロナへ行ったことあるのですが、もーー、驚きましたヨ。とんでもなく失礼なんですが、私ったら、イタリアよりも更に後ろ向きなお国と思っていたのです。

がっ、

この二都市を見るかぎり(観光者視点からではありますが)、ミラノなんかよりズーーーッと進んでましたっ。

国際空港からの街へのアクセス、そして街中での交通状況、文化に対する配慮、サービスなどなど。。

全然、ダメじゃん。。イタリア。。

なんというか、プラハもバルセロナも観光は大切な外貨獲得手段。というのを良く分かっていて、観光者視点でツボを抑えたサービス。だった気がします。在住者としての視点はまた別なんでしょうが、上っ面を見るかぎり、イタリアほどの苦労はないんじゃないかしらん。と感じましたデス。

で、イタリア。

イタリアの交通網の未発達ぶりは今更言うに及ばずでありますが、例えば、マルペンサ国際空港なんかですね、ミラノ以外の都市へ行くのにバスを使うと。。私が自宅へ帰る路線だと、1時間から1.30分ぐらいに一本。週末の最終は19時ちょい。これを逃すと、電車で余計な大回りをして帰宅するため、優に2時間はかかります。

これ、国際空港。

両替なんかですね、絶対にしてはイケマセン。プラハへ行くとき、マルペンサでスイスフランからチェコ通貨を、ユーロに換算すると約200ユーロ両替したら。。

手数料、約半分もってかれました(怒)

ユーロからチェコ通貨だったら、まだマシだったのですが、フラン→ユーロ→チェコ通貨ということで倍の手数料を取ることを説明なく両替。それにしたってコレ高すぎ。イタ友に言いまくったら、皆口を揃えて、「道端で両替はダメだよ~」って、天下の国際空港内で両替したことをしばらく信じてもらえませんでした。。

これ、国際空港。

で、プラハの空港で、相方に手数料のチェックをさせたら。。

震えてました。。相方。。怒りとともに。。

自分さえよければ精神。その場はいいかもしれませんが、結局、大きな目でみると、自分の首を絞めることになる気がいたします。

と、一度廃止したうち方面のスイス-イタリア間の電車、ただ今作りなおしているそうな。だって、うちの地域からスイスへの通勤者は一日約3000人だそうで、そのほっとんどが車通勤。渋滞なんかも時間帯によってはヒドイわけです。。

タメイキ。。

私もスイスへ出張って行く機会が増えそうなので、相方もスイス勤務だし、もう少し様子みて、国境の町かスイスへ引越し。。なんてことを考えてみるのもいいかもねぇ。。と話し合ってみてる最近デス。

って、昔のように電車がちゃんと通ってれば、今のままでもいいんですがネ。。ちなみに、開通は。。いつになるんでしょーね。。(遠い目)
[PR]
by zefiro04 | 2008-07-09 21:51 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング