伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
海外にいても、日本人
パソコン前で、愕然としました。

日本語のそこそこできる外国人と思ってた人が日本人だったので。。(汗)

どうやら海外生まれではないようですが、海外生活が長いらしく、ヘンテコな日本語になってしまったようです。

私は幸か不幸か日本語に対するキッビシー友人知人が少ない友達数からするとかなりなパーセントおりまして、子供の頃から日本語に対してはビクビクなところがあるので自分なりには気をつけとるつもりッス(全然ダメじゃん。そんなお言葉を頂戴すること分かっとりますが、一応これでも気を付けとるんすよ~)。で、一番身近なところだと、オトート。

子供の頃って、なんかアコガレたりするじゃないですか、外国語発音って。

例えば、ピザとかイタ語的にピッツァなんて言おうもんなら、「しゃべれもしねーベタな日本人なのに、いるよなぁ、そういうちょっとした発音だけ外国語っぽくしゃべってイイ気になってるやつ。格好悪いよナー」とかとか。。(汗)

こんなことを小学生なんてイタイケナ年頃からガシガシ言われ続けてるんスよ、私。

でもって、こりゃまた幸か不幸かたまたま住んでた地域やら学校やら働いてたとことかで、帰国子女やら日本語に携わる仕事の人たちが周りにいたりもして、そういった人たちの前でうかつにも(?)ナンチャッテ発音の外国語を日本語に「なんかちょっと私って、一段上って感じしな~い?」みたいに使ったり、言葉遊びとは違う、ただ単にオバカですね、な日本語使ってる人たちに対する、そりゃー冷たい視線や裏でバカにしてるのを随分見てきたので、先のヘンテコ日本語になってしまった日本人に自分を当てはめ、「大丈夫か、私。。(大汗)」と自分のことのようにヒヤ~ンとしてしまったのでした。

本当は、そんなこと知ってもフンとばかりにオノレ道行けばいいのですが、自分の語学力の足らなさを恥じて自覚な半生&そういった゛ナンチャッテ゛な人たちが使う言葉の裏に見え隠れする見栄や虚栄、本当は自信がないんだろなぁ。なんて勝手な想像が、自分と置き換えつつ、「あんな格好悪いのイタダケン」とばかりに、冷や汗かきつつ裏で辞書引き引き、好きでもないけど、とりあえず読んとけ、とばかりに自分が読んでも分からんだろ、なんて本も読んでたもんでした。

結局、見栄っ張りで意地っ張りなんスね、私

まぁ、そんなこんなでイイ年になってしまったわけです。。

で、言葉にキビシー人ってのは、言葉の持つ力というか、言葉ひとつで人を深く傷つけもするし、救うこともある。というか、その辺の感覚が鋭いなぁ。とそして、゛格好良さ゛や゛格好悪さ゛、その感覚も鋭いんだなぁ。なんてオノレの鈍さと比較したりでございました。

そうそう気付いたのですが、日本人で外国語や海外としっかり向き合っている人たちは、日本語にもしっかり向き合ってる率が高いような気がします。もちろん゛日本゛そのものにも。

゛しっかり゛っていうのも変っすけど、ヘンにカブレタ外国語を日本語に織り交ぜないとか、やっぱり日本人の相手の立場にたってというか、日本的な気遣いも健在というか。。

でもって、今までの経験からだと、帰国子女とか在住長いでもない生まれも育ちも日本人がビッミョーな外国語を混ぜて話す場合、大抵、外国語が殆ど話せないパターン。これ、法則?

そう、ナンチャッテ。
(格好悪いんだけど、なんか悲哀も感じマス。。)

でもって勝手な印象ですが、゛自分゛とか゛母国゛なんて根が張ってない気がいたしたものでございマス。

一方、海外生活長くて日本語ヘン(?)になっちゃた方、なんか思考が。。そう、なんテーかヨーロピアン。゛間゛とか゛もし良かったら゛とかそういう感覚消えてしまって(?)、バババンとストレート。もち、ヨーロピアンの皆が皆ではありませんが、なんつうか即物的というか。。

まっ、でも外国人が書く日本語だから。。いやぁ、がんばってるなぁ~

なんて思ってたら、実は日本人だった。というのが分かり、ビックシした次第。そしてオノレを振り返り、またもヒンヤ~リしてしまったのでした。

海外に住むってのは、どうしてもそこにある程度は馴染まなきゃイケナイこともあると思うんですが、それは良い馴染み方ばかりではないし、時には理不尽やなんじゃそりゃーなことも含まれたりします。でも、頭ではそれはあまり良くないことであるとか、ヨーロッパではそうでも日本ではダメっしょ。とかとかな感覚というか区分けは頭の中で分かってて、気をつけなきゃなぁ。と思ってもみたり。でないと、自然と言葉だけでなく態度やなんかも含めて出て来ちゃうと思うのデス。場面に応じて、上手い具合に出せればいいですが、分かってないとナンチャッテヨーロピアンであり、なんちゃって日本人という格好悪さ炸裂、おまえ一体ナニジン?となってしまうと思うのですね。

先日、日本の会社から派遣されてヨーロッパで数年働いてる友達からメルが来てました。大学の頃からの友達なんで、もう15年以上前から知ってるんですが、メル読んで良い意味で変わってないこと。。友達のバランス感覚の良さに感心したもんでございます。

上手く言えませんが、ヨーロッパと日本の良さ、悪さ、そしてその出し方というか使い方というかが良く分かってるなー。って何が言いたいか、全然分からん文章で恐縮っですが、そんな印象をメルから感じたのでした。良い意味で、毒されていない。ってんでしょうか。

こちら来て4年以上経ってみて、日本人の少ない地域といえどそこそこ色々なこちらに住む日本人の方やらに会う機会を持ち、「いやぁ~、いい感じやねぇ」なんてのから、「ヤバスギッ」とか「これマズイっしょ、日本帰れないしー」なんて方まで見て思うのは、゛母国゛って根がゆるい人はダメだな。そいうのって、分かり易いとこだと言葉にあらわれやすいよナー。と思う最近デス。

そして、自分も気をつけないとぉおお、と思うとこアリでもある最近、だったりもするんですよねぇ。。(汗)
[PR]
by zefiro04 | 2008-09-18 04:09 | ことば


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング