伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
極悪イタリアばーさま地下組織連合
スーパーでバーさまに暴行、いやテロ(??)られました。

80代と思われるイタバーさん、野菜売り場の狭い通路で、いきなり後ろから私を追い越し際に、持っていたビニール袋に入った玉ネギを武器に私の胸をひと殴り。

ぽかーん

というのは以前の私。すぐさま、「なにすんじゃい !!!」と返すと、「邪魔じゃ、ドケっ !!」とバーさま。

狭い通路ということで、左側を人が通れるように空けて右側にいたのですが、バーさまはどうやら空いている左を通りたくなく、右を通りたかったみたいデス。で、そこに私がいたもんだから怒り爆発、持っていたビニール袋に入った玉ネギを武器に凶行に及んだ模様。

元気、だね。

なんて思いもよぎりましたが、こんな横暴を世界平和のためにも(?)放ってはおけませヌ。んで、「で殴るんカイ? !!どんな教育受けとんねんっ ?!!イイ年こいてそんなに失礼極まりなくてどーすんねん !!!」と低め小さめの声で言うと、「どきゃーがれっ !!!」とバーさま。

人って、年を取っても自然に丸くはならない、んですね。。

アホ臭すぎなんで、その場を離れようとする私でしたが、しつこく迫り寄り、「テメーなんか、出てけ !!あっちへ行けっ !!」と子供の喧嘩のように吠え立てる始末。

ゲンナリ。。

ご婦人よ、ここはあなたがいるべき世界ではありません。こんな失礼がOKなところへ行かれるがよろしかろう。あっでぃーお」と醜態さらけ出し続けるバーさまを残し野菜売り場を後にしたのでございマス。

最近、イタリアのバーさまを見かけると車間ならぬ歩間をあけるようにしとりマス。マジ、危険な人多すぎデス。しかも見かけじゃ全然分からじ。。この現実世界で自分がなんかのゲームの中のコマで動いてる気がするときがある最近。色んなバーさまキャラがいるのですが、ハズレに会うといきなり火を噴かれ焼き殺されゲームオーバー。みたいな

見てると40代ぐらいの女性からキケン度(?)が上がってくる気がします。そんな話しを他国在住友と語り合うと、「やっぱサー、国が安定してないじゃん。で、社会の信用も低い。信じられ頼りになるのは家族のみ。他人は敵。みたいなとこあんじゃん?そりゃ世知辛くもなるがな

未だ、戦国の世。下克上。

なんか法螺貝の音が聞こえてくる気がするんですよね。。たまに

なんなんですかね、このギスギス感。やっぱ年齢が上がってくるにしたがって社会のギスギスに人としてのまろやかさとか優しさなんかが削り取られちゃうのかしらん。。でもって、いつも人に馬鹿にされたり騙されないように現代の鎧よろしく、身なりだけは気合入っちゃうんですかねぇ

謎、デス。。

つい先日も、70代に手が届こうかというキンキラキンのバーさまが、見通しが悪いので、反対方向からやってくる車がギリギリ歩行者を確認できる位置に歩行用の通行路が設けてあるのですが、そこから10メートルぐらい先で渡って車に轢かれそうになって、逆ギレして車に怒鳴りまくっとりました。

どこに目ぇ付けてんだよ !!通行路だろっ !!」と、10メートルほど後ろに上記のような理由から設置されたと思われる正規の通行路を指差し、往来で怒鳴り散らしてました。

車から男性が、バーさまが渡ろうとしたところは通行路ではない。見通しが悪いんだから、そこで渡ろうとしたら見えない。などなど正論を言うも、「アタシがココだって言ったらココなんだよっ !!」とバーさま。

法律が、変わったみたいデス。。(汗)

タラ~。と呆気に取られて見る私にバーさま、「アンタぁ、どっちが正しい?」と聞いてきます。あくまでも己が正しいことを疑っていないとこが凄いデス。ジーーッと数秒バーさまが怯むぐらい見つめ、無言で立ち去りました。立ち去る私の背中に、「な、なによ、なんなのよ。。」とぶつくさ言うバーさまを残し。。

ちょうど教会の前での出来事だったのですね、コレ。こんなバーさまでもすんでのところで命を助けなさる神さまに私はお聞きしたいです。

なんで、助けたんですか??

なんて言うと、人間に非ズ。とおっしゃられるかもですが、いやはやバーさま凄すぎてですね、これ系のバーさまを一掃できたら、社会も結構良くなるのでは。と真剣に考えちゃうこともある最近なのですよ。それぐらいどーしよーもないバーさまとの遭遇率高いんですけど、私。

もち良い人もいますし、トンデモばーさまの処理ぐらいでどうにかなる国ではござりませんが、大人としてセイショウネンに与える影響とか考えると、国浄化の一助ぐらいにはなるのではないか。そう考えてもしまったりデス。えっ、ヒドイ??

フと思ったんですが。。もしかして、゛極悪イタリアばーさま地下組織連合゛(?)みたいなのが存在して、私みたいなちょっとボンヤリ系を狙い、何かしらの目的を持ち(?)物理的、精神的テロをされるのかしらん。。マジでそんなことを想像してしまうほど、なんか訓練でもしてんですか??ってぐらいテロり上手で、襲い上手です。

えっ、社会がテロばーさまを自然と育成してるのかも??

恐ろしい考えがまた横切りました。。泣きたくなりました。。考えるの、ヤメます。。

しかし一番驚くのは自分自身でございます。以前だったら、そんなことあった日にゃ、眠れぬ夜を過ごし、藁人形作って五寸釘打って丑の刻参りじゃー、でもイタリアでやっても効くのかなー。とかとか、不吉なことを悶々と考えたりヤラレッパに枕を濡らしたりしたもんですが、今では咄嗟のヒトコトは出るは、ムカついて歯軋りはしても戦闘OK。イザ出陣。ぐらいの気持ちでやりあったりしてマス。もしかしたら、その内マリアさまみたいになって、「そのような者たちでも許してタモ」なんてココロ持ちにもなるやもしれません(ばーさまたちみたく。。なんて可能性は。。考えたくありませんね。。)

成長したナー

いや、変わったナーー(?)

とにかくも、こんなに嫌なことあると、打たれ強くはなっています。なんか人間変わって行きそうでコワイですが、品格や慈悲の心は持っていたいと思い続ける人間のココロはどうにか保っとりマス。。今のとこ。。

あらっ、今なんか閃きましたよ。なんでイタリア人が、バーさまが、教会へ通うのかってのが。

もしかして、教会は゛極悪イタリアばーさま地下組織連合゛のアジト??いやいや、そーじゃなく(って、私ったら壊れてきてませんか???(笑))

う~ム。。

まだ上手く言葉にできませんが、なにかイタリアの根っこの一部分みたいなのが見えた気がいたしました。なんていうか、゛なぜにイタリア人はこうも世知辛いか゛っていうのが。。

深いです、イタリア。。
思考が止まりません。。
[PR]
by zefiro04 | 2008-11-21 02:39 | ほんの日常
愛のタヨウセイ
相方とプラプラ歩いてたら、知り合いの年の差カップルに会いました。

ちょっと立ち話しして分かれた後、「彼、20も年下の奥さんでラッキーだねぇ」というので、あの結婚は彼女にとってもラッキーだったんだよ。と言うと、相方はポカンとしてました。

だんなさんはイタリア人で40歳を超えてマス。嫁さんは20代前半。家族総出で生き抜くためにイタリアにやって来た移民さんでございます。

嫁さんは、美人で色っぽい女性。でも当たりはいいけどどこか信用できない。なにかこちらに余裕があると見ると、自分のために有利に使えることはできないかとあの色っぽい目で企むとこがあるので、要注意。結婚前は刹那的に生きてる印象がございました。悪いヤツ、って気はしませんが、なんかコズルイ印象が拭えないので、いつも少しばかりの゛注意゛が必要な人物。

ダンナはイタリア人、どうやらこの結婚は、彼女の方がかなりプッシュしたものらしい。というのは、他の知人が、結婚前における彼女の不機嫌と結婚という繋がりを語っていたのでそこから推測。まぁ、そんなこんなも乗り越え(?)目出度くゴセイコンされたカップルです。

で、彼女は結婚してすぐにしたことがあるんですが。。それは大学のパンフ集め。

丁度、大学にパンフをもらい歩いてる道すがら出くわしたんで、茶なぞして話しを聞くに、「あそこの大学は、世帯の収入で学費が決まるのよ。結婚前だったらうちの両親の収入だと学費は安くてすんだんだけど、今だとうちの彼の収入ってことになるでしょ。そうすると、結構払わなきゃいけないのよね。それに行きたい学部じゃないし。。でね、ここは私学なんだけど、私の勉強したい学部があるの」とあの妖艶な目が輝いておりました。

聞くと、この私学の学費は平均的イタリア収入をもってすれば゛ゲッ゛と言いたくなるよなお値段。国立にないんかい?!と彼女のダンナの顔が浮かび、なぜか不憫な気持ちになり彼女に問うと、「あっ、あるわよ。でもね、ここから車で40分もかかるのよ。この私学だと近いし。。それに払えると思うのよねっ♪

。。。。(汗)

あたしゃ大学通うのに、片道2時間かけて通ってたわい!などと苦学な貧者のたわごとなぞ、結婚によって、ある程度の下克上を成し遂げた彼女には届きますまい。。でもとりあえずは、「40分ぐらいなんじゃい。そっち、行け」とは言うときましたが。。

で、現在の彼女は、イタリア的には高い学費の私学に通っとります。

まぁ、それはダンナがいいんなら、良いんであろう。と忘れてたんですが。。

ダンナに、愚痴られました。。(汗)

どうやらダンナの収入で彼女が私学というのは余裕の上での出費というのではなさそうデス。しかも、彼女は結婚後、バイトも「勉強に差し支えるから」と辞め、ダンナにごり押しで「勉強ついて行けないから」。と、家庭教師をつけさせているそうな。もち費用はダンナ持ち。

結婚後に大学行くって知ってたら、結婚なんかしなかったよ !!!」とダンナご立腹。当たり前か。。

彼女、結婚前から大学へ行くつもりであったことを知る私は、ここで彼女の意図を察したんであります。かと言うて、今更そんなことをダンナに告げ口してもねぇ。。なんて考えてたら。。

だって、彼女だって学校行ったり音楽やったり好きなことやってるのよっ !!!なんでアタシがやっちゃダメなのよっ !!!」とキレてマス。。(大汗)

で私は自分は結婚前に自分が譲れないこと、音楽を続けて行くことや、異国でのくらしで想定しうる困難をオヌシは背負うことができるんかい?と腹を割って話し合い、準備し結婚してるから、状況はちょっと違うよね。と言うと、彼女のダンナも全然違うだろーがお前とはっ !!と腹立ち収まらずなご様子。。

なんで結婚前から大学に通わなかったのか、と私が聞くと、ダンナが離れたのを確認してから、「結婚前には、私には何もなかったから」とポツリ。。


彼女の目標は、この゛私゛なんだそうです。

人の金で好き勝手してるから

。。。。(怒)

暴れてスマキにして道頓堀川あたりにブチ込んでやろうかと思いましたが、すんでのところで理性が打ち勝ち、耐えましたヨ。

でもしかし、正直ですな。

ちなみに私は格好つけなんで、ツライこともある程度笑いに昇華できるまで相当なことないと話しませんし、自分の人生にナルシストぶっこくほどオトメちゃんでもないんで、苦労なく淡々と飄々とやってるように見えて、たまに羨ましく思う人もいるようです。

勘違い、ですから

まぁ、そんなことは置いといて。。そんな話しを相方にしたら、「ひょえ~~~~。イタリア人って狙われてるんだね~~。も、もしかしてキ、キミも???」とやけにビビっとりました。「イタリア人ってだけで結婚するほど、ミーハーでも貧乏でもないし、幻想も持ってないよ」とは言うてみたものの、それは私が日本ていう安定した国に育ったから言えるのかもな。とフと思ってもみたり。

もち、日本人でもイタリア人ってだけで飛びついちゃう人もいるわけですが。。でもなんていうか、人生を生き抜くために移住してくる人たちとは底にある゛生きる゛という気合が違う気がしますね。

そして20代前半にこれからの人生をよりよく生きて行くための結婚という゛資本゛を手に入れるため、まさに体張って(?)結婚する彼女たち。今までに何人かこういう年の差結婚してきた女性を見たんですが、大体が結婚後はえらく向学心に燃えてる。ってことなんですよね。。

上手く言えませんが、私の中では彼女らに対する嫌悪感もありつつ、いかによりよく゛生きて行くか゛ということへの貪欲さになんていうか原始的なパワフルさを感じてちょっと圧倒されたりもしたりだったりします。

私、オットのこと愛してるの

なぁんて聞くと、思わず「本当かよ」とツッコミ入れたくなる私ですが、そういう゛愛゛ってのもあるのかもな。その人を愛ス。というより、その人にくっついてくる゛何か゛があるから愛すというか。。

愛という定義は、真理は別として、人それぞれに定義の仕方があるのね、多様なのね。と雨続きの日々はつまらん思索にはピッタリなんで、こんなことを雨音ききながら考え込んでもみたりデス。
[PR]
by zefiro04 | 2008-11-07 03:29 | いろごといろいろ


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング