伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
良いお年ヲ
こちらイタリアはクリスマスの狂乱も過ぎ、静かでございマス。

良いのか悪いのか分かりませんが、「あぁ、プレゼント買わなきゃ、あぁ、年賀状書かなきゃ」なんて悩みとは無縁に相変わらずのマイペースで過ごしとります。

別に頑なにやらないのではなく、この時期だからこそ連絡とり易い人だけ&別にこの時期だからって出さなくても許してくれるよね~。てへへ。な感じでして。。そうなるとおのずと数も限られてくるし、友らもその辺を良く分かってるんで(?)世間がクリスマスだなんだとバタバタしてるときだってのにゆっくりしちゃってます。

そのゆっくりにかこつけて、ひとり今年を振り返り、来年を想い。なんてことをまた今年の年末もしちゃうわけですが。。

昨年は、女友達三人と姦しく過ごしたこの時期、今年は皆バラバラ。ひとりはただ今砂漠地帯にて勤務中。そこでの寂しさからメルが来とりました。今頃は広大な砂漠でも見ながら、世の孤独について考えていることでありましょう。もうひとりは、この間「一緒に日本帰って遊ぼうヨー」と連絡来るも、私はイタリアなんで、喧騒の日本の中で孤独&退屈してることでしょう(日本での友達はツマランそうで、会う気ないんだそう。たく、ゴウマンですな(苦笑))

今年も色々な人、人種、年齢、職業の方とボチボチ出会える機会がありました。その時はあまり感じないんですが、なぜかフとこの時期になると一年を思い返し感じること。それは、結構皆コドクなんだよな。ってこと。

でも孤独と上手く付き合えてる人は、人がキリッと立っていて魅力的な人が多いようです。逆に付き合い下手な人は、孤独につけ込まれちゃってて、依存心が強かったり、孤独という時間をモウソウや゛風化゛に任せっぱなしにしちゃってて、孤独ってるうちに人との距離感とか常識感とかが鈍くなってしまうようです。

随分前に、「人ってのは孤独なのがフツーでさ、その孤独を受け入れ仲良くやってけない人は、どこ行ってもダメだよね」と中々に華やかな交流関係を持つ方が言うとりました。自称「コドクニスト」としては、頷くことしきりな言葉でございます。そしてそんな言葉をこの時期になると思い出すのですね。

最近、密かに雄たけびして走り出して暴れ太鼓したいほどのココロノカットウなるものがございまして、やや悶々としとりました。といっても、ただ悶々として膝抱えて妄想タイムしてるのも芸がなかろうと、自分なりに分析、観察などを経て、自分ができる範囲内で色々あがいている最中でございます。

そんなカットウがあったら、以前なら顔に出まくりで「辛気臭っ!」と友らから一笑に付され、一蹴されてたとこですが、少しは成長をみてるのか、最近はもんどりうつようなカットウを孤独の中では繰り広げつつも知人友人に会ったりしてそれはそれで楽しく過ごしたりしとります。そんでもって、具合の悪かったり、孤独地獄に陥ってる友には連絡取ってみたりもして。

相も変わらず余裕はないですが、少~し成長(?)したかな。な自分を感じる年末。来年は更にもちっと成長してたらもあべた~

さて、今年も残すとこあと少し。今年は年末恒例で楽しみでもあった女三人姦しくとは行きませんが、他の他国在住友が、08年度総決算しゃべくり大会を開くべくお誘いをかけていただきました。

らっき~

いつもうちの町へやって来る時は大まかな日程のみを知らせてきて、実際はややゲリラ的に誘ってくれる友、ただ今、今や今かとしゃべくり大会のお誘いを待ってる最中でございます(笑)

孤独やなぁ~」なぁんて思うことあっても、本当はそんなに孤独ではないんだすよね。まーったくのひとりっきりで生きてる人なんていないんですし。

ということで、今年の年末もやや反省(?)しつつも、すでにココロは来年への期待で弾んじゃったりしてるキャッシュな私です(笑)

たまーにこの拙ブログを覗いてくれてる方、たまたま通りすがっちゃったヨな方、お互いに来年は(も?)良い年になるとよいですねぇ。

ではでは、良いお年を
[PR]
by zefiro04 | 2008-12-26 05:20 | ほんの日常
見栄とブランド、国際結婚
友達から、「なんで結婚しても旧姓のままなのー?」と聞かれました。

イタリアでは、結婚しても夫婦別姓がフツーだからー

と答えると、ちょっと意外そうでした。

確かイタリアでは、特別な手続きするだかしないと、ダンナ姓にはならなかったんじゃないでしょか。で、なっても多分、ダンナ姓+元の姓ってことで結合性になると聞いたことあるような。。ウロ覚え。。そんな話しをまた他の友達としてたら、「でもさー、日本のテレビとかに出てるイタリア人タレントの日本人妻、ダンナの苗字名乗って本とか出してるよー」と友。

日本で手続きしたら夫の姓になるってこともあるのかもだけど、そうじゃなかったら゛売る゛ためにイタリア臭を名前からも出してるってのが濃厚だなぁ(笑)。などと話し、自分たちも日本でイタリア引っさげて商売するときにゃぁ、ダンナの苗字をナンチャッテで名乗った方がそれっぽくてイイんだわヨ。と盛り上がったのでした。

でも商売(?)絡まなくても、戸籍上は別姓だとしても、日本に住む日本人に対しては夫の苗字を名乗りたがる人って結構いるようであります。

なんかの掲示板で、どうやら日本で出てる雑誌でハーフの子自慢みたいな特集があったらしく、それに対して、「ナニジンか分からないような名前を自慢気に、ブサイクな日本人女がハーフの子を云々。。」。。美醜の゛醜゛に属する者としては耳の痛いコメントではございましたが、゛ナニジンか分からないような名前を自慢気に゛というのは、気になるフレーズでございます+世界の結婚後の夫婦姓事情については知りませんが、少なくともイタリアにおいては、夫婦別姓が一般的な状況&事情を知らない同国人の日本人に対してのみダンナ姓を使う人を目にすると。。

なんか、笑いたくなっちゃいマス。どーも格好悪い気がして

とか言って、かくいう私もダンナ姓を使うときがあるのですが、それは郵便物が間違いなく届くように。と何か送ってくれるという人には相方姓でと頼むのと、自分の本来の苗字を言うのは何かヤダナって人に相方姓で名乗ったことがあります。スンマセン。。でもちょっと便利。。陳謝

でも相方姓+゛私゛だと、なんていうんでしょーか、リング名みたくなるんですよ。ストロング金剛。みたいな。ちょっと違いますが。。名前で笑い取ってもなぁ。ってこともあり(?って、こんなんは関係ないですよ(笑))、いつもは戸籍上の名で通してマス。

たまに感じるのですが、国際結婚ってのは、人によっては゛ブランド゛っぽい価値をなすようであります。というのは、人よりちょっと違う、特別な自分。ってのをブランド品ならお金を出して、国際結婚ならダンナというアイテム(?)によって、言葉は悪いですが、やりようによっちゃ簡単に゛特別な自分゛を手に入れられた気になるのではないでしょーか。

もちろん、ブランドの製品の良さに惹かれ購入する人、国は違えど゛その人゛が良くて結婚し、結果的に国際結婚という形になった人。というのもあって、それがベストだとは思い、口では製品の良さ、好きになった人がタマタマ外国人♪なーんて言いつつも、本当のとこってのは分かっちゃうもんで、食事はカップラーメン、身なりは貧相、でもブランド。なんか身分不相応。。戸籍上は別姓、ホントのとこを知る人にも別姓、自国で別姓事情を知らない人には、カタカナ姓を山登りで頂上に着いたときに旗をブッ立てるがごとく使っちゃうのかしらぁん(笑)と考えてもみたり。

この両者に共通すると思われるのは、オノレ自身が放つ価値というよりは、アイテムによって価値を認めさせる、もしくはゲタ履かせることができる。と考えているらしい。というとこでしょうか←推測

もち、自身の゛努力゛もしくは゛活動゛によって得たものであるから、ちょっと違うヨ。なんて意見もありましょうが、ではそれらのオットなりブランドなりを取り去ったとき、゛その人゛としては何が残るのか。。それとも、それは゛努力゛の結晶(?)みたいなもんだから取り去ることを考える方がイカンのよってなるのか。。

どちらかと言うとナイナイづくしな私という素材を自覚する者としては、これは結構大きな命題だったりするのですよ(大げさ(笑))

でもですね、学歴とかブランドとかオットとかとかを取り去っても魅力むんむんピッカピカな人も存在するのを見るとねぇ。

私もどちらかというと、ツマラン虚栄心をご多聞にもれず持ち合わせているのですが、子供のころから゛持ってる人゛たちが周囲にいたせいか、安っぽい金メッキつけて着飾っても見る目のある人や本物からは、安っぽさってのは見透かされるし、そんなオノレの安っぽさを見透かされた後にプラスで馬鹿&同情されるってのが追加されるのは、本末転倒であるな。と身に沁みてよく分かっているので、゛必要゛がない限りはこんな安っぽアイテムで見栄は張らないよう。気をつけてみてはいる次第です。

見栄とかハッタリってときに必要だと思うのですよ。しかし使いどころや使う度合いって気もします。ただ自分の虚栄を満たすだけのつまらんハッタリだったら、ハッタリ倒せなかった後の恥ずかしさと格好悪さにもう気絶(笑)

でもまぁ、゛素゛なままで勝負できる人ってのは。。少ないのかもしれません

そういや友達で、見栄やハッタリは戦場では不可欠な゛武器゛なのじゃーー。との言葉を発し、戦場という名の職場へ赴いておりました(笑)

これは分かりますけど(笑)、やっぱ「どーダ、私は゛特別゛、人とは違うのよっ!!だから羨ましがりなさ~イ」って、脆くて貧乏臭い背景スケスケなとこでオノレの虚栄心を満たす目的で見せつけられたら。。。

スイミマセン、笑っちゃいますわ、やっぱし(笑)

裸の王様。ってやつかもですね、コレ。

人からよく見られたい。というのは普通な願望でありましょうが、人より特別に見られたい。人より優れていると思われたい。と願ったときに、自分の中身からのプラスではなく、ブランド品や国際結婚、意味ないカタカナ姓への拘りとかでそれが叶うと信じてる姿がチラと見えると、なんか哀しくも可笑しくなってしまう私デス。裸の王様が歩くのを見て、最初は首を傾げてハテナマークの浮かんでた庶民もそれが゛裸゛だと知って大笑いに転じる気持ちがなんだか分かる気もしてみたり。

そういえば、学生の頃、パッとしない友人が、初めてカレシさんができて私に言ったのが、「羨ましいでしょー」。その後、゛カレシ゛という名の下に、かなーり非常識されまくったので、ちょっと距離置いたら、私が彼女に嫉妬して距離を置いたってことで皆に触れ回ってるヨー。と他の友達が教えてくれたり。なんてこともございました(苦笑)

こんな友達がいたり、゛本当に持ってる人゛が周りにいたりしたこともあって、その差や見栄を張りたくなる人の気持ちやアガキというんでしょうか。。についつい目が行ってしまったりするのでありますね。

それにしても古今東西、未来永劫、虚栄ってやつは逃れがたいモンであるのかもなぁ。と思うと同時に、゛本物゛に憧れ手に入れるため、ある種の努力はする人多いのに、なぜにニセモノ街道を進んでしまうのか。。そんなことしなくっても、その人自身の良いとこあるのに、つまらん人や物との比較で目がくらんで見えなくなってるのか。。いやはや、残念。でもちと笑える。。

そうそう、上記の羨ましいでしょーな彼女、ここ数年、今流行らしい゛婚活゛ってやつに血眼になってるそうな。しかも昔の知人友人間で。「でもさ、もうどういう人かバレちゃってるし、ダメっしょ。それにこの年代で頭あるちゃんとしたイイ男ってなると、彼女は見抜かれて相手にされないでしょうね」だそうで。

彼女にもイイとこあるんですけどね、嫉妬心と虚栄心が強くてね(笑)

なんかだんだん脱線してきたなぁ(笑)。この手のことって、よく聞く、たまに目にすることなんで、なんか考えちゃうんですよね、なんか
[PR]
by zefiro04 | 2008-12-04 17:38 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング