伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
キッカケ
なるほどナー」と思うとこあり、この記事書いとりマス。

このブログをはじめようと思ったのは、簡単に言えば、日本語にほとんど接しない環境で、これ以上オワッテル日本語力になってドースルヨ。イタ語もダメなのにっ。なんてとこからでござます。

まぁ、写真載せたりなんてのも華やかで良いかしらぁん♪とも思ったんですが、数枚のせてみて「め、めんどくせー」&゛字゛書くのをメインに考えてたんだから、字ばっかでいいや。で゛イタリア゛というイメージ的には華やかなとこに居ながらにして、字だらけなブログになったんですな。

字だらけでも内容華やかにしろヨ。と思いもするんですが(笑)、わざとそーじゃない部分を書いてます。かと言って、ここで書いてることだけが私の生活のすべてじゃないですよん。もちろん。

で書いてるうちに、だんだん書くこと決まってきて、今は主にですが、疑問に思ったことやゲゲッってなことを書いてます。イタリアって華やかなイメージや報道ですよね。在住の方たちの発信するものをザッと見てまわっても、どちらかというとイメージの良いものが多いと思うんですが、当たり前ですが現実の生活はそんなんばかりじゃないです。

以前に、ブログやらのコメントとかで、自分もブログでそういうのを書いたが嫌がらせコメントをもらったり、゛荒らし゛にあったりで書くのをやめた。で私のブログに自分の言いたいことが書いてあって云々。。というのを数人の方からいただいたことがあります。

個人的には、やめてしまわれたのはもったいないナー。と思うんですよ。私の勝手な感想ですが、イタリアに限っていえば、情報の量が偏っていると思うんで。良い情報が圧倒的に多い。逆のことはえらく少なくないですか?そんな中、体験として書かれているって貴重だと思うんですよね(もし、イタリアの良いとこ書いてる人が殆どいなくてその反対の情報多かったら、私ったら良いことばっか書いてると思うんですよねぇ(笑))

でもやっぱり、イタリアに憧れを持ってる人が読んだら不快になったりするんだろな。自分の好きな人を貶された気になるんですかね。でもね、それで感情的になってヒステリックなコメント残して荒らすのは顔が見えてない分、イケナイ度高いですよ。「いや、そこはどーなんすかねー」とある程度筋立てて、゛ギロン゛しないとっ。じゃないと、ただの嫌がらせっすよね、えぇ。

と、私に上記のようなコメントをいただいた方たちではありませんが(というか、゛当時゛は見てないんで全然知りません)、まぁ、書き手が悪い。ってこともあるんで、言いたくなることもあるだろーし。ですが、感情的に書き殴っちゃうと、折角のコメントさんが→荒らしコメに変身しちゃうと思うんですよ。あら、もったいない。ではありませんか(笑)

あとネガティヴな部分とかを書くと、愚痴と取られることもあるかもですが、愚痴ってのは言っても仕方のないことを言うこと。そんなこと言って嘆いてもしゃーないじゃん。ってことになりますでしょーか。

ブログなんて個人発信のものだし、個人的には愚痴満載ブログなんてのもアリか。嫌なら読まなきゃいいだけだし派ですが、自分が書いてる時には、嘆いても仕方ないってとこで終わらないように書いてるつもりデス。

イタリア来て、国籍問わず色々な人と接してきたと思うし、友人知人も各国に散らばっておりましてね、そんな立場や環境、年代の違う人たちと様々なことについて話しをしたり+自分が見てきたもの。を混ぜて取り出し、練り直して、自分なりに駄文であっても書いてます。

しょーもないことを言い捨てて終わらんように、その中から自分なりの冷静さを持って、客観的になるよう(一応はっ)努力しつつ書いてはいますが。。本当は、結論として゛こーすべき゛みたいなことも書くべきなんでしょうが、シロートの姉ちゃんレベルの駄文で゛そーすべきじゃないんでしょーか(断定)゛とキャスターやコメンテーターみたいなことを言うのもナンダカナーと思って、その辺はやや持って回った物言いになっちゃってたりしますが。。でもって、大抵は底には゛批判゛の精神を持って書いてたりします。なんて書くと大げさで、オメーのレベルでそんな試みすんなボケ。と突っ込まれるな(笑)

そして、感情の赴くままに支離滅裂に非難するだけにはならないように、これでも気をつけているつもりなんスねぇ。゛批判゛というのは、悪い点や間違っている点を指摘する。なんて意味もありますが、その先には、改善を求めて相手との良好な関係を築くというのも含まれていると思うんですね。゛非難゛のように責める気持ちでではないとこがちと違う。

別に私はジャーナリストでも、世直し月光仮面(古っ)でもないし、清廉潔白ニンゲンでももちろんないわけっすが、そういう現地にいないと見えてきにくく、現地に住む邦人たちや現地人たちが思っていることなども含めて、知りたい人がいたらドーゾ。ぐらいの気持ちで奥底(?)に批判精神をヒメつつ書いてたりします。

私が書いたことで、「わ、私のこと?」と思い当たる人がいたり、思い当たる節があっても、読み手のあなたとここに登場する人物が一致してる確率は限りなく低いですし、これも当たり前ですが、人が特定できそうな部分は変えてあります。そして、ほとんどのことはこちらでは゛日常゛的なことなので、意外に当てはまる人多いんじゃないかと思ってます。

なんで、ムッキーーー!!(怒)となったら、ちょっと一息深呼吸して、良かったら、人の振り見て我振りなおせ。じゃないですが、自分かも?と想像して、周囲はどう思ってるのか、どういったことを考えているのか。このブログ書いてる人の書いてることは正しいのか、違うのか。。それとも自分にも問題あるんか?とかとかや、こちらで体験したトラブルなんかに関しても、この人はよくあるって書いてるけど、ほんと?などなど、万が一にも私の駄文がキッカケでちょっと何かを考えたりしてくれる人なんかがいたら、ウレシさのあまり、チョモランマ山頂からダーイブ(?)でございます(笑)

まっ、現地に住むシロートが書くものとして、ちょっと距離置いてナナメ視線で読んでいただけたら素直に鼻血もんにウレシュウございます(笑)

それと、字ばかりでございますからね、ツマラなかったら途中で止めてもらって、これも当たり前ですが、全然OK。いつの日か、ちょっと長くても、最後まで読みきってもらえるよな文章がかけるよーに。を目標にショージンしたいと思いますんで。

少年よ、大志を抱け~!

ではなく、ネエちゃんよ、少志(??)を抱け~!!

なんでございマス(でも、私にしては、かなりダイソレてナマイキな試みだと思ってるんでございますよ。ってことで、ここは小さくですが。。やっぱり、大志を抱け~!!がイイ感じ(笑))
[PR]
by zefiro04 | 2009-02-26 05:25 | ほんの日常
のみ込まれないこと
結婚だけとか、゛オトコ゛のためだけにココにいる日本人女性ってどーなんですか?」とある日本人留学生に聞かれました。

ど、どーって、どぉ??

と返すと、゛カラッポ゛だったり、何でここにいるのか?というか、何のために生きてるのか??ココにいるため or ヨーロッパいることがステイタスぅ?それともそれとも、ヨーロピアンが彼氏だったりダンナだったりすると格好良いから~とかとかとか。。

留学生ちゃんが見てきた日本人女性やギモンを語ってくれましたデス。

うーーん。。

まぁ、色々なパターンがあってもちろん一概には言えませんが、留学生ちゃんにギモンを想起させるよな女性たちが存在することは確かでございますデス。

私が知る限りでは、大抵こういう人たちは゛自分は人と違う゛、゛自分は特別゛と強く思っている向きがあり、人から見られる自分をイッジョーに気にしてて、誇張して自分を見せたがるが、中身がないため誇張や自慢の材料が、ヨーロッパ在住だったり、ヨーロピアンの彼氏だったりと、外側の材料で勝負してくる傾向があるらしい。脆く、依存性が高いのもトクチョー。コスく恥じ知らず的な面も見られるので要注意。

イイ年こいて、゛自分探し♪゛なんてこと言っちゃってたりやっちゃてたりして、知的ヨーロピアンからはバカにされ、アホなヨーロピアンからは利用されちゃってたり~なんてパターンもあるみたい♪ でも゛知゛には乏しくとも動物的勘に優れているらしい人は、ちょっとビッミョーなヨーロピアン捕まえて悠々自適なんてのもありよーン♪

で、あと何知りたい?

と留学生ちゃんに言うと、ゲラゲラ笑ってましたデス。

最近、この留学生ちゃんみたいな20代のこっちへ来てる日本人と話す機会がドドッとあったのですが、一本スッと背筋通った彼らからしたら、たまに遭遇する結婚ダケで来てて、何やるわけでもないウラウラしてる日本人女性に疑問湧きまくりみたいデス(って、私に訊いてきたってのは、そーいう日本人女性と同じ立場としてどー思うか?ってことかしらん。。それともちょっとポジションは違うみたいだけど、゛結婚゛とかで被ってるから訊いてきたのかしらん。。ちょっと悩むなぁ。。)

この留学生ちゃんみたく、ナンチャッテ留学ではなくて正規留学で大学なりにきて専門の勉強をしてヒーヒー言いながら試験に臨み、資格なりを掴んで行く人たちにとっては、特になにやるでもなく、主婦としてプロフェッショナルって気概もなく(私かっ?!!)、オトコに依存的に生きてるようにみえる異国で生きる同胞は、カタハライタくも恥ずかしい存在として映っているよう。。

まぁ、言いたくなる気持ちも分からんではないですが。。

もちろん留学生ちゃんもヨーロピアンと結婚する日本人をひっくるめてケイベツしてるのではないですが、どーやらこっち来て遭った、特に学校外での女性たちがヒドかったらしく頭ではそーいう人ばかりではない。と思いつつも、スゲー強烈&遭遇率の高さにゲンナリしとりましたです。

のみ込まれないこと。

と、こんなことで悩んでる暇なぞないのに考えてゲンナリしてる留学生ちゃんに言うと、ちょっとハッとしたようでございマス。

生活習慣も違う異国にきて、勉強+日々の生活や煩雑な手続きなんかでワタワタしてる中、自分より先にこちらへ住み、ある程度の生活の知恵を身につけた同胞は心強く、多少(?)七面倒臭い迷惑な人間であってもなんとなーくズルズル付き合ってしまって、精神的によろしくないことになってる人も結構いるようであります。

例えば、私だったら自分的には遠慮したい人でも相方の付き合いとかで付き合わなけりゃいけなくて、テキトーそこそこでやっててもかなーりゲンナリしちゃうタイプなんで、゛仕方ない゛がなかったらヤメトケ。と力強く言いたいのですが、やっぱり゛何かあったら。。゛とか考えちゃうらしく、ズルズルっと付き合っちゃうようですね。

そんな人、何かあっても助けてなんかくれないヨ」とこういう話しを聞くたびに言うんですが。。

せっかく正規留学で来て、色々な国の人や人種のいる中、わざわざ依存性の日本人とつるんで疲れんでもよかろうに。。と老婆心ながら思っちゃうんですけどねぇ。。でもそうは言ってもキョーレツな方多いんで、一回見込まれちゃうと、逃げるの大変。ってのもあるのかもですが(苦笑)

自分の中に何もやりたいことや目標もなくて。。ただ結婚して。。それで生きていけるもんなんですかぁ?」と留学生ちゃん。

私思うに、だから何かを探してエネルギーが外へ向くも、変な方向へ向いちゃってホラーな状態になっちゃうんじゃないでしょか。

自分は特別だ、海外にいる。外国人と結婚したんだ。ってことが実はその人自身の価値を決定づけるもんじゃないってことが分からない。っていうより、認められない。でも多分、薄々感づいてる。。ベクトルを内に向けてしまうと、まずは自分がカラッポだというのを認めるとこから出発しなけりゃならない。こりゃ、プライド高くイイ年まで来ちゃった人には酷な作業だわな。でもひとりでどーにか。ってことは無理。そうすると、同胞狙い(?)なんて困ったちゃんしちゃうのかもねぇ。でも本人には、それをやるツマンナイ理由をこさえてなんやかんやだと思うよ。例えば、私が助けてやってるんだ。とかさ。もちろん、これは私の推測だけど。。

なんてことを留学生ちゃんに答えたのでした。

でもこういう疑問が若いうちに湧くってことは、この留学生ちゃんは大丈夫そうだなぁ。しかし留学生ちゃんよ、そんなんウッチャッて勉強したり、もっと違う方面の人たちと知り合ったりする方がイイゾ~、時間ないぞ~。と思わず小声で老婆心炸裂、プチ心配しながらも、ココロザシあるピンと背筋伸びた同胞を見ると、思わず旗持って沿道で(ど、どこ??)ヒカエメに応援したくなる私です。 
[PR]
by zefiro04 | 2009-02-22 21:35 | ほんの日常
春にさそわれ、一時帰国
こころなしか、ちょっと暖かくなってまいりやした。いや、空気は冷たいんで、ちょっと゛春っぽく゛なってきた。ってのが近いかしらん。

そんな春っぽさクレッシェンドに伴い、「オレ、日本」、「わたし、日本」、「そうそう、覚えてる?あの人も一時帰国するらしいよ」などなど、他国在住友らからの゛ご一報゛がぼちぼち送られてきとります。

やっぱ、日本人は春にすいよせられるのかねぇ」のメルをくれた友は、昨日日本へと向かいました。

えぇ、すいよせられまくり

日本の春はタマランですものねぇ

かくいう私も、やっとこさ一時帰国が決まり、3週間ほど3月に帰国いたします。

でも今回は相方と行き帰り一緒なんですよねぇ。。ピン派(?)な私にはちと重いんだな、こういうの。。

どちらかというと、寅さん風行動パターン、気の向くまま風の向くままで友達に会ったり、プラプラしたりゴロゴロしたり。なんてのが好きなので、神社だ骨董市だ剣道だ、変なトコ連れてくなー。とウルセー相方とみっちりジャポンは面倒なんすよねぇ(笑)

まぁ、でもラッキーなことに、英語やイタ語話せる友がいたり、こりゃまたマイペースなうちの家族と旅行やなんだ、あとは道場にブチ込んどケー(笑)ってなもんで、なんやかんや言うても楽しく時間の足りない滞在になりそうです。


最近フと将来のことについて考えることがございマス。まぁ、人生なんて先考えすぎてもどーなるか分からんしなんで、とりあえず今できることを一生懸命やるのダ。をモットーにやってはみてますが、なんとなーく、゛その先゛に集約されつつあるよな気がする最近です。

多分、いまだに独身で好き勝手してたとしても、日本人と結婚して日本に住んでたとしても、なんとなーく見えてくるよな気がするお年頃♪なのかもですが。。

なんつーか、イタ人と結婚なぞしちゃったもんで、将来を考えるとき、最終的にはどこの国へ住むのか、もしずっとこっちへ住むとしたらエトセトラエトセトラなことまで考えなけりゃいけなくて、大抵いつもは「あー、メンドクセイっ。どーにかならりゃぁな」と居直り、開き直りで結局見えず。なんですが、最近はちょーっと見えてきたよな気がするんですよね、ちょーーっと(笑)


今回の帰国では、ほとんど家族と剣道(?)で時間を費やしてしまいそな予感もありますが、マブ友が音頭を取ってくれて、ちょっとした宴会をしてくれることになっとります。メンバーには、帰国子女だ、留学経験だ、海外勤務だ出張だなどなどの経験者たちもいて、海外と日本の違いや良いとこ悪いとこなどなど、普段こちらでは日本+海外を体験した中で゛どー思う?゛なんてことを比較しながら第三者的に話しができることは少ないんで、私のみならず相方にとっても良いシゲキになりそうで、こちらも楽しみでございマス。

帰国するたび思うのは、「こんな私でも、良い友がいてくれてヨカッタヨ」と、不義理でいい加減な私なのに~。と友らのココロの広さに感謝とナミダ。でもいかんせん、相方もいるし、時間も短いので皆とは会えなさそうなんだなぁ。これはちょっと残念。。

なんだか今回の滞在は、桜のようにパッと咲いて、こちらへ戻ってきたときには゛はて、夢だったか?゛なんて儚い一炊の夢だったかと思ってしまいそうなぐらいの駆け足になりそうです。
[PR]
by zefiro04 | 2009-02-16 00:21 | ほんの日常
自国の歴史
南京ダイギャクサツぅ?んなもん、中国の捏造だよ。日本の歴史勉強するんなら、なぜに中国が大嘘こいてんのか、どうして日本はその大嘘に嘘だと言わないのか、政府レベルで抗議しないのか。そういうとこまで冷静な目で見て考えて欲しいなぁ~

と大学で日本の歴史を勉強したというイタ人に言うとビックシしとりました。で、色々話して「今私が言ったことを疑ってかかってもらって全然OKだからさ、これをキッカケに自分で調べてみて、何が正しいのか。そして歴史とは、どうやってつくられるものなのかとか考えてみてちょーだいよん」と言うたのでした。

日本を出てガイジンと接すると、日本人であることを試される(?)。なんてことも時にあったりします。日本の文学や文化、歴史や偉人などなどについて、網羅とは行かなくてもある程度は抑え、知識レベルではなく自分で考えまとめ、咀嚼し知性として示すことができないと、゛自分゛を通して国のレベルをバカにされるわけですな。

特に歴史、なんてのは国民が知ってて当たり前。基本中の基本。

とは言うものの、ご存知の通り、日本の歴史教育は他国の内政干渉じゃろ、ソレ。なんて教科書で学ぶのがフツーなわけですから。。まぁ。。色々ありますわな

海外出て、そんな教科書で学んだ歴史のママでやってくのはキツイのヨ。ということで、ザザッとではありますが、自分なりに大枠ぐらいは勉強(ってほどではないですが。。)してはみたのですが。。

かたや中国や韓国なんてのはハンニチ教育に気合い入れまくってる成果で、ヨーロッパ人いる前でもなんでも、日本人に対してアヤマレだの、ヒヲミトメロだのだの捲くし立ててくる。なんてこともないわけじゃない。そんなとき、その辺の歴史教育が欠落しまくったまま外出ちゃった日本人は、黙ったり、泣いちゃったり、も~ぅ皆様に謝っちゃいましょー。(誤った)歴史を認めちゃいましょ~。とか言っちゃうんでございマス。

。。。。。(大汗)

民間レベルだからぁ、大丈夫ぅ。なんて思う勿れ、でありまして、こういう民間草の根レベルからが大切なんでございます。で、冒頭のイタ人たら、私が色々話してるのを聞いて、「チベット問題ではさ。。」などなど、色々興味持って日本人に聞きたかった質問をされ始めたのですが。。

ヤバイ、知識手薄ナリ。。(汗)

なんてとこまでツッコまれ始めたんで、「あっ、ゴメーン。ちょっと用事あってー。また今度ネー」と逃亡。自宅にて、久々にググリまくって色々見てみるに。。

あぁた、日本たら大変なことになってるんでございますわよっ

日本は大丈夫~。と高を括りまくってる私でありますが、もちっと長いスパンと第三者的に冷静に日本を見ると、かなりヤバーイ現状を感じましたデス。

実は私、選挙のバイトはしたことあるんですが、投票には一回も行ったことないんですよね。理由は、随分前に、故ナンシー関女史が誰かとの対談で言ってた選挙に行かない理由と同じだったんですが、ネットが発達して、自分で情報を手軽に探せる現在、というか、色々探してみて、議員さんたちの゛色゛ってのが見えてきて、「これだったら、゛選べるっ゛」という自信がついてきた、今日このごろでございます。

ちょっと行っちゃうかも、選挙♪

不謹慎かもしれませんが、政治や国際情勢ってオモロイ。そこには、人の思惑や国民の願い、国益など、一見大きすぎて「自分にゃ、カンケーネーヨ」と感じるけど、実はスゲー関係してくることだ。というのがオモロイ。知ればしるほど、見えてくることが多くて、かつてハマッたジグソーパズルをしているようなのですよ。多分、この感覚は゛入門者゛の感覚なんでしょね。こういったトコから発展してって、もっと大きなトコや想いに繋がって行くんでありましょう。

でもこのオモロサを感じ、発展して行くのには、自国の歴史を土台にしてないとダメなんすよね、やっぱ


一国を滅ぼさせるのには、「国民に歴史を忘れさせれば良い」というのがあるそうな。「歴史を知らない人間は人間じゃない」なんて言葉もあるそうで。

日本国籍持ってる=日本人、ではなくて、自国の歴史を知っているってことですわな。アイデンティティにも関わってきますな、コレ。

アメリカさまの戦後になされた日本人キョウイク、功を奏してるよなー。と外見キレイで中身カラッポな日本人に対してニッコリ笑いつつも侮蔑の眼差しで見るガイジンを見るにつけ痛くなってる私デス。

学校教育で知ったつもりの自国の歴史、色々な面からも一度見て考えてみることオススメでございますよん。見えてくることアリアリ。例えば、私には識別不可だった議員さんたちの違いがちょこっとではありますが、分かるようになってきましたもん(笑)←レベル低くてスンマセン。。

あなたの知らない歴史、知ってみちゃうとアナタの何かが変わるカモでっす
(もちろん、あなたの目も)

ということで、時間あるときはアナボコだらけの知識をまずは埋めてみてる最近デス。
[PR]
by zefiro04 | 2009-02-11 20:57 | ほんの日常
食大国、イタリア
スーパーに行くと、ポテトチップスコーナーがあったりします。

ちっこいお手軽サイズから、そんなに食べてどーすんねん。なお徳用(?)袋まであり、スーパーの規模が大きくなるにつれて、チップスコーナーの充実度も上がってくるようッス。余談ですが、種類の豊富さはスイス市場に遅れをとっているようではありますが。。

私自身がポテトチップスを食べるのは、2、3ヶ月に一度ぐらい。あればモシャモシャ食べちゃうけど、やはりあまりよろしいもんではないので遠慮してる次第。

あれは油のかたまりだから。体にイイと思ってる人いるけど、それは間違い」とは、友達の栄養士談。

で、このポテトチップスなんですが、イタ人、スゲー好きな人多いんですよ。

主婦のお買い物タイムなんかにチップスコーナーで、観察がてらしばらく物色する振りして見てると、年齢層問わず買い物カゴにお徳用チップスを投げ込んで行く主婦が結構いたりします。

最初は、゛人呼ぶの好きな民族だから、そのオツマミとして出すんだろーなー゛なんて思ってたのですが。。もち、そういった場でのオツマミ的役割はもちろんですが、夕飯としてポテトチップスを食べる家庭ってのも少なくないようなんでございマス。

まぁ、そういう家庭もたまにゃあるんだろうねぇ。なんて思ってたら、゛これぞイタリアン゛なぐらい料理がうまく、健康にも気を使っておられる妙齢のイタ婦人と夕飯を共にした際に、皿に山盛りのポテトチップスが出てきたときには驚きましたね、さすがに。

これはジャガイモだから、健康にイイのよ

と真顔で言い、夕飯としてモシャモシャ食べとりました。。(汗)

他に数人のイタ人に゛夕飯にポテトチップスを食べるか?゛ってのを聞いたんですが、何人かから「えっ、食べるよ」とフツーに答えられたとき、グルメ大国だ、国民総グルメだなんては言われてるけど、土地の恵みを受けたモンをそのまま食べられる環境にあるってだけで、基本的な知識に基づいた゛選択゛というフルイを一般庶民皆がかけられているわけではないらしいゾ。う~ム。。と考えることしきり。。

先日、知人友人と東京にもあるナポリ発のモッツァレラチーズで有名なピザ屋へ行った際、「ねぇ、もう平気なん?モッツァレッラでナポリじゃーん」なんて言う私を尻目に、店はかなーり繁盛しとりました。

えっ、平気なの?それともドーデモいいの安全性、なんて??

ムール貝なんてのにも、そんなこんなで騒がれてたナポリ産以外にも、一緒くたにして触手が伸びない私ですが、店行くとそこそこ出てるようなんで、安全、ってことなんでしょーか。。

謎、デス

でもですね、そんな鷹揚(?)なイタ人たちとは一線を画し「そ、そこまでするんだ。。」なぐらい食べ物に拘ってるイタ夫人もいたりします。生まれた子どもが極度のアレルギーで、それから゛食物゛に目覚めたそう。

普段の買い物は、すべて自然食品専門スーパーで調達し、イタリア人の主食であるパスタは、近所の食に関心の高い人たちとグループを作り、自分たちの目で精選したパスタ生産者と交渉し、工場から直接買い入れ、順繰りでトラックを運転し、自分たちでパスタを定期的に購入、搬入してるそうな。

そ、そこまでせんと、食の国イタリアでさえも、安全なモンを安心して食べられないんスかぁ??

と面倒臭がりの私は絶叫、ハッキョウしそうになるのですが。。。

このイタ夫人曰く、「今と昔は違うのよ。今は自分の目でしっかり見定めて食品を選ばなければならない時代なの。イタリア人は昔の感覚でいるけど、違うのよ」だそうで。

夫人のお子さんがかなり重度のアレルギーだったとかで、その頃、しばらく何を食べたかメモしてたそう。その体験から、イタリアでの食材でアレルギーを引き起こしやすいと思われるものとして、イタリア料理に欠かせない゛トマト゛。そして゛牛乳゛をあげとりました(トマトはですね、ほとんどアメリカ産らしいッスよ)

とは言ってもイタリア人、まったくトマト無しとはいかないので、「食べても週に一度」と決めてるんだとか。ちなみに夫人のお子さん、努力のかいあってか完治したそう。

そうそう、数年前に゛イタリアの子どもたちの食育゛についてのテレビを観たのですが、共働きで時間がないのと、手軽に食べられるインスタント食品もあって、お母さんが料理をしない。などが問題になっとる。というもんでした。

まぁ、どこも同じよな問題抱えてるんだな。とここまでは思ったのですが、それを危惧したイタリアは、自然そのままの新鮮な果物やらを子どもたちに食べさせ、゛本物゛の味を覚えさせる授業を始めた。なんて特集でした。

昨今では、スローフード運動や、ノアの方舟運動などなど、現状に危惧を抱いた心あるイタ人たちの活動もあったりしますが、こういった活動が必要。ってのは。。(汗)

゛食大国゛。もちろん、今も良いものが多く残るイタリアではありますが、かつてほどではない。ってのはあるようです。そして何食べても安全でオイシイってのも今や神話でもあるような。。

フツーに喰えりゃなんでもイイ派な食に無頓着な私でさえも、さすがにちょっと気になるイタリアでの゛食゛事情でございマス。
[PR]
by zefiro04 | 2009-02-03 18:55 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング