伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ごきげんよろしゅう。さようなら
ブログを閉めることにいたしやした。

理由は簡単でございます。

来月の10月で5年目になるから、区切り良くここで閉めて心機一転したいなぁ。と。

今年の春ぐらいから、そんなこと考えてました。

9月で閉めて、また10月からどっかで新しく始めようと思うとります。

ハンドルネームやらタイトルも変えて、また地味に書くつもりでございます。

ブログを通しての出会いや思うとこもできたりで、やって良かったなぁ。と自己満足に浸ってます(笑)


ここではほとんどが、イタリアで出会った日本人やイタリア人、移民ちゃんたちとの困ったなぁ。についてです。すべてホントのことではありますが、特に日本人については、伝えたいとこ以外は変えてあります。

でも多分、自分のことかも。と思う人が多々いらっしゃるのではないか。私が体験したことは、結構よくあることなのではないか。とも思います。だから思い当たる人がいたら、もしかしたら私のような視点から見る人も自分の周りにいるんじゃないのか。それは、間違ってるのか、恥ずかしいことなのか。いやいや、そうじゃない。このブログの方がヘンではないか?いや、ちょっと待てよ。。などなどと、ちょびっと考えてみてくれたら、嬉しいなぁ。と思うのです。


『無知の知』という言葉があります。

これは、哲学者のソクラテスが、自分だけが゛自分は何も知らない゛ということを自覚していて、その自覚のために他の無自覚な人々に比べて優れていると考えたという意だそうです。

当たり前ですが、私はソクラテスな脳みそは持っていません。そして人より優れていると思える自信や自覚、根拠もないです。でも゛自分は何も知らない゛ということはよくよく自覚しています(もちろん、゛自分だけが゛なんては思えないですねぇ。。えぇ。。)

どうしてこの無知の知について書いたかというと、世の中には、見えること見えないことで気づかないことが山ほどありますわな。知らないことを知る、もしくは気づく。ということは、色々な意味において、重要でオモロイことなのではないか。と日ごろ考えてるからでございます。

自分は何も知らない。と自身を位置づけることって、なんか色々なことへの解決や気づくことへの入り口になるんじゃないかと思うのですよ。

でも中には、気づいたり、自覚したりすることが怖いのか、そんなことはドーデモいいのか。はたまた、自分と違う意見を述べられたら自身を否定されたと感じるのかは分かりませんが、普通は中々に深いとこまで突き詰めて話しをしたり、それを元に考えたり。なんて゛相手゛とともにってのは殆どないのではないか。と思うのですね。個人的な友だちには、そういった会話が成り立つ人たちもいるのですが、まぁ、大方はさらさらでフワフワな会話だったりします。多分、多くの人がそう(?)なんじゃないかしらん。

もちろん、いつもそんなことばっかはナンでしょうが、そういう対話が必要なときにもしにくい。というのには、ちょっと疑問を持つ私です。

でもそういったとき、このブログという媒体は、私にとっては母国語で考えをまとめて書き、見知らぬ人がときにスルドク興味深いコメントを残してくれる。。いやはや、ありがたい。

(余談ですが、ソクラテスの問答法に゛産婆術゛というのがあるのですが、それをちょっと思い出してもみたりでした。書くという行為からや、コメントからなりで気づかなかったことを自覚するってとこが。でもほんとの゛産婆術゛ってところからは、程遠いとは思いますけどね~(笑)

私のようなヘボブログにおいても、読み手のキャラと違う。ってことで、「へぇ~、こんなこと感じる人もいるんだ」。そう思ってくれる人がいたらオモロイかなぁ。とも思うのでありますね。

そして、自分も色々と人さまの書いたものを覗くにおいて、゛オモロク゛思うことがあったりもします。



なんかエエ加減なブログでしたが、5年間、意外な発見なぞもあり、やってようございました(またまた自己満足(笑))

次のブログでは、゛イタリア゛ってのや、゛困ったちゃん゛ってのからも少~しハミ出し、もうちょっと広く話題を求めて、またまた地味にどっかのネットの海の端っこででも書いてけたらなぁ。と思ってます。

ではでは、リンクを貼ってくれた方、コメントくださった方、覗きに来てくれた方々。
ありがとうございましたっ!感謝です。

また何かの拍子にどこぞですれ違うこともあるやもしれません。
その時は、またまたよろしくお願いしますです。

それでは、ごきげんよろしゅう。
さようなら。

追伸
もしコメントなぞをくださるお優しい方いらっしゃったら、すみません、コメント承認制にしてます。ちょっと覗かないうちに、えろコメで溢れてたりするとカナッシーな。というのが理由です。
[PR]
by zefiro04 | 2009-09-12 22:02 | ほんのお知らせ
まず大事なもの
8月に日本に帰国してた友だちとお茶しました。

日本人って、バカなんですかねぇ?」と友。先の選挙結果を受けての質問です。

選挙結果を見ると、そうい言われても致し方ないのかな。と思ってもみる私です。

なんつーか、目先のことしか見れないんだろうなぁ。と。

そうそう、選挙の翌日、コドモ手当てはいつから出るんですか。なんて問い合わせもあったそうな。


日本で付き合っていた私の知人友人たちは、割りに鷹揚な人たちが多かったし、どちらかというと人のために自分が何ができるか。と考えているような人が殆どでございました。

でもですね、イタリア来てから出会った日本人の半分以上は、どちらかというと、人が自分のために何をしてくれるか。利用できるか。そういう考えが透けて見えてる人や、実際にムナクソ悪いことされたりということもあったりで、「海外でると、世知からくなるんだろうな」なんてテメーのことしか考えない人たちの多さに辟易としてたのですが、今回の選挙結果で、海外だからというのではなく、多くの日本人が何か自分のためにしてもらうことしか考えてない人たちが増えてんのかもな。とクラリとしたのでした。

そしてそういう人たちに対して、バラマキ、お得政策を打ち出して勝ってしまった政党がある。

国の根幹を崩そうとしている政党なのに、「でも、生活が一番だからぁ」と投票してしまう。

こりゃぁ、愚かですわ。

生活云々と言ってられるのはですね、国が安全と安心を確保した上で言えることなのですよ。国によっては、選挙に行くのも命がけ。なんてとこもあるのですね。生活以前に、命や財産の保障すらない国も存在する。。

その国民の財産や生命の保障という国の土台を壊そうとしている政党が国民の支持を受けてしまった。

こりゃぁ、愚かですわ。

まぁ、多分、自民のダメダメさ(これも明白ではありますが。。)に民主。と考えた人も多いと思うんですが、本当に国に必要な優秀な保守議員たちも落選してるとこを見ると、゛愚民゛と言われちゃっても仕方ないのかも。と考えてもみたりだったりします。

あぁ、本当に日本だけじゃないでしょうかね、国旗を掲げない、国歌を歌わない政党が政権与党になってるのって。

これがどれだけ異常なことかってことが分からない日本人って。。多いんでしょうね。。


日本で報道されてるか分かりませんが、鳩ちゃんのアッパラパーぶり、欧米ではすでに失笑買ってます。

イタリアのベルルスコーニも国の顔としてはかなり恥ずかしいと思われますが、鳩ちゃんもかな~り恥ずかしいレベルであると思うんですが。。

そんなこといいんですな。カネさえどうにかなれば。

コドモ手当てや他の公約したものって、本当に出ると思います? 私ってば、算数レベルで数字は苦手ですが、そんな足らぬ頭の私でも、財源どうすんの?ってことぐらい分かります。しかも民主、できなかったら謝っちゃえばいいよ。と言うてるってのに。。

沖縄は中国にするつもりだし、日教組は我が世の春となるし、移民を1000万人入れるとかいうてるし、外国人に参政権?愛人にも本妻と同等の財産権?

ほかにもイカレてるとしか思えない政策目白押しなんですよね。。

大げさでなく、国のために何ができるか。ってとこスッポリ抜けてる人が多いから、目先のことしか考えられないからこういう結果を招いたのかしらん。報道の問題なぞもあったにせよ、これだけ危うさが透けてたのに目を瞑った国民の責任は大きいよなぁ。なんて考えてもみたりでございます。

自民にお灸を据えたノダ!

まぁ、そりゃ分かるんですが、そのツケ払うのは国民なんだけどなぁ。。


友だちと、どこへ行くんだろうねぇ、ニッポン。。

と永世中立国なんて言われるスイスでお茶しながら話したのでした。

あっ、知ってました?スイスでは、国民全員が兵って考えなんですよ~。徴兵もバッチシあるし♪ 

防衛費は削減、平和憲法だ、核は絶対ダメ!! 話し合えば分かる。友愛だ。なんて寝言言ってるなんて、世界の非常識だってこと、知ってる日本人ってどのぐらいいるんでしょうね。。

スイスが丸裸でノホホンと平和を享受してるわけじゃない。というのを知ってる人って、どのぐらいいるんでしょうね。。そして、その平和という土台があるからこその゛生活゛であるというのを分かる人って、どのぐらいいるんでしょうね。。
[PR]
by zefiro04 | 2009-09-06 06:22 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング